165キロとか151キロとか


パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)は日本ハムが勝ち、日本シリーズへの出場を決めた。

最終戦となった第5戦では、DHで先発してた大谷選手が9回に抑え投手として登板。

日本最速の165キロのストレートを投げたり、151キロのフォークを投げたりと野球漫画以上の活躍。

凄い選手ですわ。

スポンサードリンク

ファミスタのMチームを超える

20年くらい前は、150キロで剛速球、て感じだったが、その150キロで落ちる球を投げるのだからプロでも打てませんわ。

 

昔ファミスタというゲームがあった。

ファミリースタジアムという名前。

私が中学から高校にかけて流行ったファミコンのゲーム。

その中でメジャーリーガーを選抜したMチームというのがあって、エグいスペックを持った選手ばかりが集まってた。

反則みたいなチームなのだが、そいつらが160キロの速球を投げたり140キロのフォークを投げたりしとったんだ。

140キロのフォークなんか打てるか!

て思ってた。

 

当時はこんな奴ほんまにおんの!?

ってな感じだったが、30年後の日本におった。

 

140どころか151キロのフォークやって。

 

友達ん家でわいわい野球ゲームをやってた学生時代。

あの当時の速球投手といえば、江川、小松、村田兆治、槙原とかかな。

懐かしい。

 

村田さんは還暦を過ぎた今でも速い球を投げるけど(笑)

スポンサードリンク


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA