8時ちょうどのあずさ2号


狩人の「あずさ2号」

昭和52年のヒット曲である。

いわずと知れた名曲だが、学生時代からずっと気になってた事がある。

スポンサードリンク

2号ってのは上りの列車じゃないの?

それは、「あずさ2号」の「2号」の部分。

JRの列車名の号数は東京からの下りが奇数、上りが偶数となってる(当時は国鉄だが)。

となると「あずさ2号」は東京に向かう上り列車という事になるが、歌詞の内容をみるに「信濃路へ旅立つ」とあるので信州へ向かう下り列車という事になる。

これはどういう事なのか。

これは作詞家が、語呂がいいから実在の列車と関係なく下りの列車を「あずさ2号」と呼んだだけなのかも知れないと勝手に思ってた。

 

だが、最近ちょっと「あずさ2号」について調べたら衝撃の事実が分かった。

 

昭和52(1977)年当時は、上り下りの列車それぞれに1から順に列車番号を振ってたというのである。

つまり、下りにも「あずさ2号」が存在したという事である。

しかもちゃんと8時ちょうどに新宿から出発してたらしい。

8時ちょうどのあずさ2号が実在して、それを歌にしたという事である。

 

昔の列車番号がそんな風だったとは。

今のように下りが1,3,5,…、上りが2,4,6,…となったのはいつからか。

 

短命だった「あずさ2号」

 

それは昭和53年の10月。

そりゃ我々が物心ついた頃には今みたいになってたわけであるから、知る由もない。

 

てことは、昭和52年に発売された「あずさ2号」は1年ちょっとで歌に出てくる列車が存在しない事になってしまったという事になる。

 

それ以降8時ちょうどのあずさ2号は存在しなかったが、今年のダイヤ改正で大月駅に停車するあずさ2号が8時ちょうどに出発するようになったらしい。

地味に嬉しかったりする。

 

「特急あずさ」って新宿から出てるものだと思ってたが東京発があったり、千葉から出てるのもあったりするんだねえ。

千葉から出てるのって東京駅の何番線に停まるの?と不思議に思ったが、東京駅は通らないようだ。

納得。

スポンサードリンク


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA