平仮名に振り仮名とな~うるわしのカメリア


アイドルグループ、つばきファクトリーのデビュー曲の中の一曲 「うるわしのカメリア」

スターを夢見る少女の可愛い気持ちを、自らをまだ蕾の椿に喩えて歌った歌である。

やがては私たちも大輪の花を咲かせる椿になるよ、というデビューしたばかりの彼女らの思いもなぞらえて歌っている。

 

スポンサードリンク

文語調なのだが

この曲の歌詞が特徴的で、旧漢字と旧かな遣いで書かれてる。

旧字ゆえ読めない漢字などには振り仮名がふってある。

奪はるゝ うばわるる

いゝないいな

たわ

たふときとうとき

スタアスター

ぢゃあじゃあ

數へかぞえ

しませうしょう

ラヂオラジオ

 

「奪はるゝ」「數へ」「たふとき」は百歩譲って仕方ないとしても、その他の振り仮名は必要か?

ひらがな、カタカナですよ?

これくらいは読めるだろうし、また読めなくても歌を聞いたら何となく分かるだろに。

何か情けない。

また、「スタア」に振り仮名を付けてあるのに「ホットケエキ」「モダンガアル」には振ってないのは何故だ?

よく分からん。なんか中途半端な感じ。

学校では「歴史的かな遣い」と教わるんだっけかな。

まあ、文語。

現代では全く必要のない物ではあるが教養として読めてもええじゃろ。

 

 

それともう一つ、英訳について。

つばきファクトリーをCamellia Factory と表しているが、これはTSUBAKI Factoryとすべきだろう。

固有名詞ですよ?

椿三十郎をCamellia Thirty ROUって言うか?

自分の名前はしっかり主張せんかい。

グループ名の由来をハロープロジェクトのホームページから引用

“万葉の時代から人々に愛されてきた日本原産の花、ツバキ(椿)。
古代の人はその花よりも、冬になっても常に緑の葉を保っている常緑樹の葉に神聖なものを感じていたそうです。
また「ツバキ」という花名の由来も、葉が丈夫なことから「強葉木(つばき)」が転じたもの、という説があります。”

こういう由来があるならなおの事、TSUBAKI Factoryにすべきである。

これは、こぶしファクトリーにも同じ事が言える。

 

2月22日メジャーデビュー

念の為に言っておきますが、つばきファクトリーには何の文句もありません。

事務所側に対しての不満を述べております。

 

最後に。

「うるわし」は

うるはし

でっせ。

 

約2年のインディーズ活動を経て、つばきファクトリーは2月22日デビューです。

初恋サンライズ/Just Try!/うるわしのカメリア(初回生産限定盤SP)(DVD付)

↓↓↓

 

通常版A→http://amzn.to/2kWmnbr

 

メンバーに小野田紗栞という子が居るのだが、その子のニックネームに「少尉」とあって笑ってしまった。

ファンの年齢層高すぎ。

スポンサードリンク


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA