私は花の子です―今でも歌えます


友人がただの思いつきでTwitterでのアイコンを花の子ルンルンに変えよった。

runrun

なんでやねんて感じ。

 

小学校低学年の頃かなあ、テレビで観てたよ「花の子ルンルン」。

確か、「キャンディキャンディ」が終了してその後に始まったアニメである。

 

スポンサードリンク

アニメ主題歌が名曲の時代

もちろん内容などは断片的にしか覚えてないが、今でも主題歌を歌えるってことは毎週観てたのだと思う。

キャンディキャンディも歌える。

 

再放送などでも観てたのだろうか。

 

しかしあの頃のアニメは内容と主題歌がちゃんとリンクしてて、というかオリジナルの歌が多かったね。

今でも一部子供向けの作品では専用の主題歌があるが、だいたいはタイアップされたアーチストが持ち歌を歌ってる。

 

それでも子供はちゃんと覚えるから偉いもんだ。

 

その昔のアニメ主題歌だが、大家が作詞作曲をしてた。

平尾昌晃や阿久 悠、渡辺岳夫など。

ヒット曲を出しまくってる人たちです。

「花の子ルンルン」は小林亜星。

 

そりゃ名曲も多くなりますわ。

 

その中で好きなのはサイボーグ009の主題歌「誰がために」。

「たがために」と読む。誰のために、という意味。

作詞:石森章太郎
作曲:平尾昌晃
編曲:すぎやまこういち

これは名曲です。

 

 

ちなみにキャンディキャンディは権利関係がややこしくなってるらしくDVD等が一切発売されてないので、今は観る事が出来ません。

スポンサードリンク


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA