ミスター・ラグビー~平尾誠二


平尾誠二さんの訃報には驚いた。

まだ若いのに。53歳らしい。

 

私の学生時代のラグビーの大スターである。

神戸製鋼の7連覇の中心選手。

また日本代表ではW杯初勝利の原動力。

あの華麗なステップで相手を抜き去っていく様は芸術的でさえあった。

スポンサードリンク

地元のスター

京都市出身で伏見工業‐同志社大学という経歴も親近感を沸かせた。

伏見工業で花園優勝(日本一)。

同志社では大学選手権三連覇。

神戸製鋼では日本選手権7連覇。

 

まさにミスター・ラグビー。

 

ちなみにスクール・ウォーズでは平尾さんをモデルにした平山誠という選手が登場してる。

入学当時から有望な選手として描かれてた。

 

私が小学校3年か4年かの頃、友達らと伏見工業高校へ行ってグランドで野球をやって遊んでた事がある。

別に許可をもらったわけでもなく勝手に入って勝手に遊んでた。

今思えば部活で使ってるだろうに迷惑なガキ共だったろう。

 

もしかしたら当時の全国優勝したラグビー部員とニアミスしてなかったかなと思い馳せたりしたが、

ギリギリ年代がカブってなかった。

その伏見工業高校もあと二年足らずで無くなり、場所も移転する。参照:ラグビーといえば

 

 

ミスター・ラグビーが亡くなり、その母校のラグビー強豪校も統合され無くなる。

残念である。

 

平尾誠二といえばスタンドオフというイメージがある。

背番号10のイメージ。

でも12番をつけてバックスで走ってたイメージの方が強い。

実際どっちが多かったのか分からんが、赤いジャージはよく似合ってた。

 

監督でもいいところが見たかった。

 

日本ラグビー界の損失である。

 

スポンサードリンク


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA