双葉山69連勝


先日、千代の富士の九重親方が亡くなられた。

61歳て若いなあ。

千代の富士といやあ、私らが中学生高校生の頃バリバリ強かった横綱である。立ち合いからの左差しが速くて、立った瞬間に相手の左前廻しを摑んでた。

負けた時はわざと負けてるんじゃないの?と思ったものだ。

あの頃は相撲は毎日見てたから53連勝の時もじっくり見てた。

九州場所の千秋楽で大乃国に負けて連勝は止まったが、あの時の館内は大騒ぎだったのを何となく覚えてる。

思えばあれが昭和最後の取組だった。

 

ちなみに45連勝の時に解説席に居たのがその記録を持ってた大鵬さんだった。

わざわざNHKが解説者の日程を合わせたのでしょうね。

 

 

連勝を続けてる際によく話題に上がったのが双葉山の69連勝である。

戦前の大横綱。

凄い連勝記録な上にあの頃は今の年6場所と違って一年に2場所しかない。

つまり、3年間勝ちっぱなしであったという事。

その間ずっと力が衰える事もなく、また、好調な時期ってのはあるが、それを3年間も維持してたという事。

すごいな。

 

当時から何となく千代の富士がそうであったから、横綱になってから連勝記録が始まったのだと思ってたのだが、ふと調べてみたら、連勝が始まったのは平幕からであった。

前頭3枚目から関脇昇進、全勝優勝(11勝)で大関昇進、大関で二場所連続全勝優勝(11勝、13勝)で横綱昇進、横綱でまた二場所連続全勝優勝。

それまでは二場所続けて負け越してたから、「急に何やねん」て感じやね。

 

相撲は好きでよく見てたのだが、若貴あたりから面白くなくなってきてほとんど見なくなった。

 

スポンサードリンク


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA