キラキラだけどキラキラを回避する方法


キラキラネームというのがある。

面白い名前、奇抜な名前、無理な当て字などで付けた名前等々、ふざけて付けたとしか思えないような名前の事である。

率直な思いを述べれば、子供はペットと違うぞと。

まあ、どっからがキラキラでどっからがまともな名前なのかの線引きは難しい。

キラキラっぽく見えても親が本当に子の事を考えてつけた名前ならば他人がとやかく言う筋合いではない(とは言え一般常識の範疇でだが)。

別に外国人ぽい名前でも全然いい、アニメのキャラクターでもいい。

私が思うキラキラネームっていうのは意味不明な当て字、親の教養の無さってのが垣間見える名前である。

難読であってもちゃんと漢字の意味が考えてあり、由来や読みを考慮してあれば素敵な名前だと思う。

スポンサードリンク

頭悪そう

しかし、全くの当て字、しかも音読みではなく訓読みの一部を当ててるような当て字はキラキラネームだと思ってしまう。

 

なぜ適当な当て字は頭が悪そうに見えるのか。

実際頭が悪いのだろうが、昔の暴走族の落書きを彷彿とさせるからかも知れない。

愛羅武勇

夜露死苦

など。

ここで最近のキラキラの例を見てみよう。

翔馬(ぺがさす)
是留舵(ぜるだ)
龍飛伊(るふぃ)
騎士(ないと)
誕生(ばーす)
黄熊(ぷう)
光宙(ぴかちゅう)
厳惰夢(がんだむ)
虹(らるく)
得美寿(えるびす)
皇帝(しいざあ)

 

南椎(なんしー)
未羅乃(みらの)
紗音瑠(しゃねる)
今鹿(なうしか)
桜(ぴーち)
姫凛(ぷりん)
天使(えんじぇる)
茄子(かこ)
空理鈴(くりりん)

泡姫(ありえる)

 

 

ちょっと目眩がしてきました。

書いてて思ったのだが、彼らは本当に実在するのだろうか。

特に黄熊とか光宙とか空理鈴とか。

今鹿(なうしか)って子が同級生に居ますよと言ってた子がいたからナウシカは存在するようだが。

 

桜でピーチとか何か違うし、茄子はナスやし。

んで、アリエル(泡姫)。これ本気で付けてんのか?

将来どんな仕事に付いて欲しいのだ?

もうちょっと考えよう。

 

そう、キラキラの人に実際に遭遇した時に「この人の親はちゃんと教育したのか」「常識は通用するのか」「この子はまともな人なのか」というネガティブな先入観を持たれてしまうだろう。

親子ともあまりメリットは無い。

 

しかし、こうやって見ると昔の暴走族の方が漢字の成績が良かったのでは無いかと思ってしまうね。

 

キラキラ回避

どうしてもペガサスとかシーザーとかナウシカとか付けたかったらカタカナで書いたらいい。

山田ペガサス

木村シーザー

とかなら変な当て字するよりも幾分マシだ。

昔から活躍してる下条アトムさんという俳優さんも居るし、今なら広瀬アリスさんもいる。

これを下条原子とか広瀬不思議国とかにするとキラキラネームって言われる。

頭の悪い漢字の使い方をせずに素直にカタカナにしたらええ。

でもプーとかピカチュウは無理だなあ。

 

スポンサードリンク


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA