サザモン乙


20年以上前になるが、関西ローカルで「うぉんてっど!」というトミーズ司会のバラエティ番組があった。

夕方5時からの一時間やったかな。

 

その中で構成作家の百田直樹氏(今では売れっ子作家さんだが)の企画のコーナーで毎回アホな事をやってるのがあった。

覚えてるのが「実写版・巨人の星」と「サザモン乙」。

 

「実写版・巨人の星」はその辺の公園でロケをしたような映像で確か青野敏行が出てたと記憶してる。

ゆーてみたらおっさん二人が星飛雄馬とその父親の役でヅラ被ってコントみたいな芝居しながら公園でキャッチボールしてる映像ですわ。

その映像に、アニメでそれぞれのキャラクターの声を演じてた古谷徹さんと加藤精三さんが声を充ててたのである。

二人のアニメさながらの真剣な芝居でのアフレコなのだが、映像が間抜けすぎてその対比に大笑いした。

 

ビデオが終わっての百田氏が

「声優のお二人さんは『こんなあほみたいな仕事初めてですわ』と言ってはりましたわ」

と言ってたを覚えてる。

 

「サザモン乙」は、この番組の視聴率を上げるにはどうしたらいいのかという悩みから、人気番組からパクッたらいいやんて事で、当時の視聴率上位の番組からヒントを得て数字を取れるキャラクターを作ろうというもの。

 

当時の視聴率上位の番組。

サザエさん(30%)

ドラえもん(20%)

ドラゴンボールZ(30%)

数字は曖昧。

 

この三つを足したら視聴率80%やで!って事で、この三つを組み合わせたキャラを作ろうって事で出来たのがサザモン乙。

Z(ゼット)じゃなくて乙(おつ)というのがこだわりらしい。

 

どんなキャラかというとコロ助みたいな丸顔にサザエさんのような前髪(トサカ)がついただけのもので、ドラゴンボールの要素は一切ない。

画用紙にマジックで書いただけの絵。

 

アホすぎて面白かったなー。

こういう雰囲気は探偵ナイトスクープとよく似ている。

そういや、ナイトスクープにも一瞬だけサザモン乙が映った事があった。

小枝探偵の調査中だったな確か。

スタッフが同じだったんでしょうね。

 

懐かしいですわ。

 

ちなみにこの番組は鹿児島放送でも放送されてて、トミーズが毎回「全国2局ネットでお送りしてます」と言ってた。

スポンサードリンク


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA