プレミアムフライデーの匂い


プレミアムフライデーなるものが始まった。

平成29年の2月24日から毎月最終金曜日に行われる。

何をするかといえば「午後3時に仕事を終えて皆で遊びに行こう」って事らしい。

経済産業省その他が始めた消費喚起キャンペーン

つまり、景気が悪いから皆でお金使って景気を良くしようって事。

スポンサードリンク

月曜と同じ匂い

何か似た様なものにハッピーマンデーというのがあった。

祝日を月曜日に持ってきて意図的に三連休を作るもので、それにより国民に余暇活動をする機会を増やそうというもの。

これも言うなら消費喚起。

発想が同じである。

ハッピーマンデーを15年以上やって景気が良くなったか?

途中、リーマンショックなどあったにせよ、ずっと不景気のままやないか。

※ハッピーマンデーには他にも言いたい事がある→由緒ある記念日10月10日

 

一生懸命働いたら来年には給料が上がる、生活が安定する、そんな見通しがあってこそ「レジャーにお金使おうか」となるのだ。

来年の今頃はどうなってるだろう、とかそんな不安がよぎる生活では消費などせずに貯蓄するのが人情だ。

みんなね、時間が無いから余暇にお金を使わないのじゃないのだよ。

お金に余裕が無いから使わないのだ。

そこが分からんのか。

しょうもないキャンペーンをしてる暇があったら消費税減税して、景気対策やれ。

そしたら寝る間も惜しんで遊び倒すやつがいっぱい出てくるわ。

ハナキン

花金という言葉が復活するかも、と言われてる。

週休二日が当たり前になってきたあの頃は、ちょうどバブル絶頂期でしたな。

平成が始まった頃。

というか、花金て死語になってたんやな。確かに最近聞かんかったわ。

死語のままだと思うけど。

スポンサードリンク


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA