京都で覚えておくべき道


ご存知の通り、京都市街の道路は碁盤の目と喩えられるほど、東西と南北をそれぞれ真っすぐ走る道路で構成されてる。

だから目的地があったとして、詳細な行き方を知らずとも方角さえ合ってればどこで曲がろうが辿り着けるのである。

たとえば

図の現在地から北西にある目的地まで行くのに北西に向かってるという方向さえ合ってればどのルートを通っても辿り着ける

ただその為には通りの順番を知っておかねばならない。

六角通りに向かってて、蛸薬師通りを過ぎた時に「まだ?」とか「通り過ぎた?」などとまごついてしまうからである。

 

スポンサードリンク

通り名数え歌

その道を覚えるのに便利なのが「京の通り名数え歌」と呼ばれるものである。

 

まるたけえびすにおしおいけ

あねさんろっかくたこにしき

しあやぶったかまつまんごじょう

 

丸太町(まるたまち)

竹屋町(たけやまち)

夷川(えびすがわ)

二条

押小路(おしこうじ)

御池(おいけ)

姉小路(あねこうじ)

三条

六角(ろっかく)

蛸薬師(たこやくし)

錦小路(にしきこうじ)

四条

綾小路(あやのこうじ)

仏光寺(ぶっこうじ)

高辻(たかつじ)

松原(まつばら)

万寿寺(まんじゅじ)

五条

 

検索すればこの続きも紹介されてるし、また動画でも歌っては居るが実は京都の人も殆ど知らない。

覚えても役に立たなかったりするので、覚えるのは上記の部分だけで良い。

因みに丸太町通は御所の南側を通ってる道路である。

つまり、御所から南の地域の通りの歌という事である。

色の着いてるのは大きな道路で、色の着いてないのは一方通行の道路。

先程、どのルートでも行けると述べたが実は

細い一方通行の道が多々あり注意が必要

なのである(車で移動する場合)。

 

南北の歌もある

上の動画でも歌われてたが南北の数え歌もある。

有名な東西の数え歌に比べ、地元民も全然知らない

東から順に歌ってる。

てら ごこ ふや とみ やなぎ さかい
たか あい ひがし くるまやちょう
からす りょうがえ むろ ころも
しんまち かまんざ にし おがわ
あぶら さめないで ほりかわのみず
よしや いの くろ おおみやへ
まつ ひぐらしに ちえこういん
じょうふく せんぼん はてはにしじん

 

1.寺町てらまち  11.烏丸からすま 21. 堀川ほりかわ
 2.御幸町ごこまち  12. 両替町 りょうがえちまち 22. 葭屋町 よしやまち
 3.麩屋町ふやちょう 13. 室町 むろまち 23. 猪熊 いのくま
 4.富小路とみのこうじ 14. 衣棚 ころもだな 24. 黒門 くろもん
5.柳馬場やなぎのばんば 15. 新町しんまち 25. 大宮おおみや
 6.堺町さかいまち 16. 釜座 かまんざ 26. 松屋町 まつやちょう
 7.高倉たかくら 17. 西洞院にしのとういん 27. 日暮 ひぐらし
 8.間之町あいのまち 18. 小川 おがわ 28. 智恵光院 ちえこういん
9.東洞院ひがしのとういん 19. 油小路あぶらのこうじ 29. 浄福寺 じょうふくじ
10.車屋町 くるまやちょう 20. 醒ヶ井 さめがい 30. 千本せんぼん

青い字は市内中心部の道で全て一方通行。

赤字が広い道。

覚えるなら赤太字の位置関係だけでよろしい。一番最初の寺町通りの一本東に河原町通があるのでそれもついでに覚えておくと良い。

繁華街をうろつくなら青字を覚えておくと便利。

歌いだしの部分なので覚えやすかろう。

 

京都人と道の特徴

東西の道を横の道

南北を縦の道

と表現したりもするので頭の片隅にでも留めておかれた方がいい。

また、

北行きは上がる

南行きは下がる

と言う。

また、京都の人に道を尋ねる際は交差点の名前を言うとスムーズにいき易い。

なんせ、交差点の名前はほとんど通り名と通り名の組み合わせであるから。

四条通りと烏丸通りの交差点は「四条烏丸」

堀川通りと御池通りの交差点は「堀川御池」

京都人はこれさえ聞けば何となくの場所は分かる。

逆に「~町」と言われても全く分からないので」注意。

 

 

スポンサードリンク


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA