クリームシチューにピッタリな鶏肉の部位
本ページはプロモーションが含まれています

クリームシチューにピッタリな鶏肉の部位

クリームシチューにぴったりの鶏肉の部位を紹介します。

鶏肉には、もも肉、胸肉、手羽元、ささみなどさまざまな部位があります。

美味しいシチューを作りたいですよね。

おすすめの部位を知ると、料理が楽しくなり、挑戦しやすくなります!

ここでは、シチューに入れる鶏肉はどの部位を使うべきか、下処理は必要か、ご紹介します。

 

クリームシチューにピッタリな鶏肉の部位

クリームシチューに最適なのは、鶏もも肉です。

鶏もも肉を使ったシチューは、その美味しさで多くの家庭で人気です。

鶏もも肉は脂肪が比較的多く含まれているため、豊かな味わいが出ますし柔らかい食感がクリームシチューによく合います。

 

カロリーが気になる場合は、皮を剥ぐことでカロリーを減らすことができます。

専用のはさみもあります。

 

もも肉が最適ですが、他の部位も使えるので、それらについても見ていきましょう。

 

鶏胸肉

鶏胸肉は軽い味わいが特徴で、経済的にも優れています。

皮が少なく、脂肪も少ないため、カロリーを抑えることができます。

しかし、乾燥しやすいため、短時間で調理するか焼いたものを最後に加えると良いでしょう。

ささみ

カロリーが低く、高タンパク質であるささみは鶏胸肉よりもしっとりしています。

ただし、長く煮すぎると硬くなりますから薄切りにして短時間で調理するのがおすすめです。

 

手羽元

手羽元もシチューに使うと美味しいです。

皮がついているためジューシーさが増しますが、食べにくい点もあるためカジュアルな食事に適しています。

 

30分程度煮込むと、骨から良い味が出てより一層美味しくなります。

 

シチュー作りで食材を下茹でする必要はあるの?

シチューでよく使うにんじん、じゃがいも、玉ねぎは下茹でしなくて大丈夫です。

鶏肉やこれらの野菜を使ったシチューは、カレーと似た作り方がされることが多いです。

こう比較するとが分かりやすいですね。

 

シチュー作りは思ったよりも簡単です!

最初に具材を炒めて、水を加えて煮込みます。

その後、牛乳や味付けのための調味料を加えて完成させます。

 

ただし、ブロッコリーやスナップえんどうなどの緑の野菜を加えたい時は、下茹でしてから最後に加えると良いでしょう。

その理由は、これらの野菜が煮込むと形が崩れてしまうからです。

 

じゃがいもも一緒に煮込むことができますが、煮すぎを避けたい場合は下茹でしてから加える方法がお勧めです。

 

シチューを冷蔵庫に入れて保存したら何日くらいもつでしょうか。

冷蔵庫での保存の仕方と日持ちについてはこちらの記事に詳しくまとめてあります。

こちらもチェックしてみてください。
↓↓
シチューは冷蔵庫で何日もつ?5日後は?保存は鍋のまま入れてOK?

 

まとめ

クリームシチューには鶏もも肉が最適です。

鶏もも肉は脂分が多くてジューシーなので、煮込むと美味しい味が引き出されます。

カロリーが気になる方は、皮を剥いでから調理するといいでしょう。

皮と肉の部分はカロリーが同じなので、しっかりとカロリーカットが可能です。

もちろん、もも肉だけでなく、他の部位でも美味しいシチューが作れます。さっぱりした味わいが好みの方は、胸肉やささみを試してみてください。

おすすめは鶏もも肉ですが、個々の好みや家族の嗜好に合わせて、濃厚なシチューを楽しんでください。

 

テキストのコピーはできません。