クリぼっちの対処法!クリスマスを一人で過ごしても大丈夫な方法

クリスマスを一人で過ごすことになりそうって思うと寂しいですよね。

クリスマスはあなたは誰かと過ごす予定はありますか?

 

もしなければ今回の記事は読む価値が大いにあります。

 

 

クリぼっちになっても寂しくならない過ごし方をお伝えしていきます。

 

くりぼっちでも寂しくならない過ごし方

早速ですがくりぼっちでも寂しくならない過ごし方を紹介します。

次の3つを提案いたします。

  • ソロ活をする
  • いつも通り過ごす
  • 誰かと集まる計画をする

それぞれ解説します。

 

①ソロ活をする

一つ目の過ごし方はソロ活です。

 

最近はソロ活ブームとも言われています。

ソロ活とは一人で過ごす時間を積極的に楽しむことです。

 

インターネットやテレビでも取り上げられています。

  • 一人旅
  • 一人カラオケ
  • 一人クリスマスパーティー
  • ソロキャンプ

など、他にもソロ活は増えています。

 

あなたが興味あるソロ活を試してみてくださいね。

 

②いつも通り過ごす

二つ目の提案はいつも通り過ごすことです。

すなわち平常運転でいることです。

 

  • 仕事 
  • トレーニングジム 
  • 家にこもる
  • 部屋の掃除

などなど、普段のルーティンをこなすのです。

 

普段通り生活していると寂しさは薄れるでしょう。

 

③誰かと集まる計画をする

3つめの提案は集まることです。

これはクリスマスの寂しさを物理的になくす方法です。

イベントに参加するとか友人と集まるとか。

 

会う約束は自分から仕掛けない限り発生しないと考えましょう。

待っていても誘われない前提で仕掛けるのです。

 

 

以上、くりぼっちでも寂しくならない過ごし方3選でした。

 

私としてはソロ活を推します。

 

ソロ活は深めれば深めるほど奥が深いです。

クリスマス以外でも応用可能なところが大きなポイントです。

 

クリぼっち回避に家族と過ごすメリット  

続いてはクリスマスに家族と過ごすことについて解説します。

クリぼっち回避に家族と過ごすメリットは2つあります。

 

  • 安心できる
  • 親孝行になる

 

それぞれ解説します。

 

①安心できる

一人でいるより誰かといると落ち着ける方も多いでしょう。

長年連れ添った家族ならさらに安心できます。

 

幼い頃はクリスマスは家族と過ごした人もいるでしょう。

 

クリスマスに友人や恋人と一緒にいるのはどうしてですか。

一緒にいたいと思うからですよね。

 

「自分にとってはその対象が家族なんだ」という人もいるでしょう。

 

クリスマスは別に誰と過ごしても問題ありません。

 

存分に家族でクリスマスを楽しみましょう。

 

②親孝行になる

年を取るにつれて親離れしていきます。

なにかをきっかけに家族とは再会しますよね。

 

正月やお盆、法事。

クリスマスはこれらのような再会のチャンスに含まれます。

 

クリスマスの予定がなければ家族と過ごしましょう。

クリぼっち回避目的であったとしても親としては嬉しいものです。

 

 

以上、クリぼっち回避に家族と過ごすメリット2選でした。

 

家族との時間はぜひ大切にされてくださいね。

 

 

クリぼっちの定義は?家族と過ごすのはクリぼっち?

ここまで「クリぼっち、クリぼっち、クリぼっち」としつこいほど連発してきました。

そもそもクリぼっちとは何なのでしょうか。

 

最後にクリぼっちについて解説します。

 

クリぼっちとは、クリスマスを一人で過ごすことを表現した言葉です。

 

SNSの投稿やユーモアな会話で使われています。

「今年はクリぼっちやー」

「クリぼっちライフ満喫ナウ」

「良いクリぼっちを」

というようなフレーズがクリスマスが近くなると職場や学校でも日常会話で耳にするかもしれません。

 

さて、ここで一つ議論の的になるのが

「家族と過ごす場合はクリぼっちに当てはまるのか?」

ということです。

 

結論としては、これはどちらにも解釈できます。

使われているのが「物理的クリぼっち」か「精神的クリぼっち」によって変化します。

 

物理的クリぼっちとは一人でクリスマスを過ごすことを指します。

そのため家族と過ごすならクリぼっちには当てはまりません。

 

精神的クリぼっちとは恋人や友達とクリスマスを過ごさないことを指します。

正直グレーゾーンなのですが、家族と過ごす場合は精神的クリぼっちに当てはまると言えるでしょう。

 

私個人としてはクリぼっちを気にしなくていいと考えております。

クリぼっちに当てはまるかどうかは問題ではないのです。

 

統計データでも、2人に1人はクリスマスを一人で過ごすそうです。

 

一番大切なことは「今日一日を楽しむ」ということです。

クリスマスに限らず、人生について言えることです。

 

今日一日を楽しめたのであれば一人でいようと誰といようと関係ないのです。

今日一日を楽しめる人が幸せな人生を歩みます。

 

どうぞ、「今日一日をどう楽しむか」にフォーカスして日々を生きてくださいませ。

 

 

まとめ

いかがでしたか。

 

今回は一人クリスマス、クリぼっちについて解説しました。

今回のポイントをおさらいします。

  • クリぼっちの楽しみ方は「ソロ活、平常運転、誰かと遊ぶ」をオススメします。
  • クリぼっち回避に家族と過ごすことはメリットもあるのでオススメします。

 

寂しいクリスマスとは今回を機に、もうおさらばです。

今年は楽しいクリスマスをお過ごしください。

 

この記事が参考になれば幸いです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。