郵便番号が5桁だったのはいつまで?5桁から7桁になった日

最近はハガキを出す機会はほとんどありませんねえ。
年末年始、年賀状を出す時にだけ使うという人も多いのではないでしょうか。

ハガキに限らず郵送するときには郵便番号を使います。
今は7桁ですが昔は5桁でした。

7桁に変わったのは平成10年(1998年)の2月2日でした。

5桁といってもほぼ3桁

1998年の2月1日までは5桁でした。
後ろの2桁はあまり使わなかったから実質3桁でしたね。

うちの住所も郵便番号は3桁でした。

5桁の地方は少なかったと思います。

そんな中、一つだけ覚えてる5桁の郵便番号があります。

〒530-91
大阪中央郵便局私書箱○○号

あの頃の近畿地方のテレビやラジオの懸賞やお便りの送付先はたいていここでした。

郵便番号が7桁になった今では私書箱ごとに別々の郵便番号が割り当てられてますよ。

まあラジオのお便りなんかも今はハガキではなく、メールで受け付けてるから郵便局の私書箱を使うことも減ってきてるでしょうね。

昔の郵便番号を知りたい

昔は全国の郵便番号を一覧にまとめた冊子を郵便局でもらえたりしました。

今ではネットで住所検索も郵便番号検索も簡単にできるようになりました。

今の7桁になる前の5桁または3桁の郵便番号を知りたい場合はこちらのサイトで検索できますよ。
↓↓
https://www.postan.jp/

まとめ

郵便番号が7桁になってもう20年以上経つのですね。

携帯電話が11桁に増えたのと時期が近いです。
世の中のシステムが色々とオート化に移行していく時期だったのでしょうね。

昔の携帯電話番号は10桁!ケータイ030時代からの変遷を古い順に
今の携帯電話の電話番号は090、最近では080から始まる11桁の番号です。昔はは携帯電話の番号が10桁だったんです。携帯電話が普及し030だけで足りなくなってくると、080も追加されるようになります。あの頃は、遠方にかけるには030を040に変えてかけなければならなかったのです。