非課金の意味は?無課金との違い
本ページはプロモーションが含まれています

非課金の意味は?無課金との違い

非課金とはどういう意味なのでしょうか。

無課金という言葉もあり、違いを理解するのは難しいです。

 

ここでは、非課金の意味や無課金との違いなど解説していきます。

 

非課金プレイの概要とその意義

非課金プレイとは、ソーシャルゲームの文脈でよく聞かれる用語です。

この用語の発音は「ひかきん」となり、人気のあるYouTuber「ヒカキン」とは一切関連がありません。

 

主に、オンラインのソーシャルゲームにおいて用いられる言葉です。

ソーシャルゲームは、主にSNS上で楽しめるオンラインゲームを指し、スマートフォンアプリやその他のプラットフォームで提供されています。

これらのゲームの特徴として、SNSを介して他のプレイヤーと共同で遊んだり競い合ったりする点が挙げられます。

また、ゲーム内でのアイテムやキャラクターを得るための「ガチャ」と呼ばれるシステムがあります。

このシステムでは、実際のお金を使用してランダムな報酬を獲得することができます。

多くのプレイヤーは、ゲーム内でより良いアイテムやキャラクターを得るために、このガチャシステムを利用します。

これには実際の金銭が必要であり、ゲーム内アイテムを購入する行為を「課金」と称します。

非課金プレイの意義は、ソーシャルゲームを金銭を使わずに楽しむことです。

つまり、「非課金」は、課金の対義語であり、ゲーム内での支出を伴わずにプレイを続けることを意味します。

 

非課金勢とその影響について

ソーシャルゲーム界において、一切の課金を行わないプレイヤー群を「非課金勢(ひかきんぜい))」と称します。対照的に、ゲーム内で金銭を支払って楽しむ人々は「課金勢(かきんぜい)」と呼ばれています。

非課金勢に対する見方は様々で、中には課金勢から下記の理由で軽視されることもあります。

  • ゲーム運営に一切の費用を負担せず、無料でゲームを楽しむ者
  • 課金をしないため、チームに加えても戦力としては期待できない者

しかし、近年の多くのソーシャルゲームは、課金をせずとも十分に楽しむことが可能に設計されています。

課金プレイヤーに比べると不利かもしれませんが、「力不足でも楽しみたい」と考える人々は非課金のスタンスを貫くことでしょう。

この状況は、課金して力を入手したプレイヤーからすれば、非課金でいる理由が理解し難いものです。

実際、中には月に百万円以上をゲームに費やす熱心な課金プレイヤーも存在し、そのような人々はしばしば高所得者であることがあります。

 

個人的には、非課金勢が存在することで課金プレイヤーの優位性が際立つと考えています。

そのため、非課金でゲームを進める選択も一つの有効な戦略だと捉えています。特に、学生や一般的な職業に就いている人々が収入を超える課金をしてしまうことは避けるべきでしょう。

 

非課金・無課金・微課金・未課金など課金関連用語の違いを解説

ゲーム内での課金行動に関連する言葉には、似ているが異なる意味を持ついくつかの用語が存在します。

  • 非課金(ひかきん)
  • 無課金(むかきん)
  • 微課金(びかきん)
  • 未課金(みかきん)

これらの用語について、一つずつその意味を解説していきます。

非課金とは、ソーシャルゲームなどで、課金を行わずにプレイすることを指します。

この用語は、課金を一切行わないプレイヤーを指し、「非課金勢」とも呼ばれます。

 

無課金は、文字通り「課金しない」という意味で、非課金と同様に使用されることが多いです。

非課金勢は、課金せずにゲームを楽しむ人々を意味し「無課金勢」と称されることもあります。

ただし、一部では「無課金」を必要最小限の課金を行うことを指す場合もあり、文脈によって解釈が異なることがある点に注意が必要です。

 

微課金とは、ゲームにおいて非常に少額の課金を行うプレイヤーのことを指します。

これは、大きな課金はせず必要に応じて小額のみ投じる行為を意味します。

 

未課金は、これまで一度も課金を行っていないプレイヤーを指します。

未課金の状態は、プレイ開始から現在まで課金が一切なされていない状態を示し、将来的に課金を行う可能性を否定しない点で他の用語とは異なります。

 

これらの用語は、ゲーム内でのプレイヤーの課金行動を示す際に用いられ、それぞれ異なる課金態度を反映しています

 

小額課金の概念とその範囲 小額課金、または「微課金(びかきん)」は、ゲームにおける課金行動の一つで、無課金や非課金のスタンスとは区別されます。

この用語は、ソーシャルゲームなどで、限られた少額の金額のみを投じてゲームを楽しむ行為、およびそのような少額のみを課金するプレイヤーを指します。

こうしたプレイヤーは「小額課金プレイヤー」とも呼ばれます。

課金には様々なレベルがあり、「廃課金勢」、「重課金勢」、「軽課金勢」などの区分が存在します。

これらの区分は、プレイヤーがゲームに投じる金額によって異なりますが、具体的な金額は個人差が大きく一概には定められません。

一般的な認識としては以下のように区分されることが多いです。

    • 無課金勢 or 非課金勢:0円
    • 軽課金勢:数千円
    • 微課金勢:1万円以内
    • 重課金勢:5万円以上
    • 廃課金勢:10万円以上

小額課金のアプローチは、ゲームを存分に楽しむための一つの方法として、多くのプレイヤーに採用されています。

このような課金行動は、ゲームの進行を助ける程度の支出に留めることで、経済的な負担を最小限に抑えつつゲームの楽しみを追求する戦略です。

 

非課金と無課金の意味合いとその微妙な差異

非課金と無課金、これら二つの用語はソーシャルゲームを中心に使われることが多く、表面的には同じ「ゲーム内でお金を支出しない」という状態を指すように思えます。

しかし、人によってこれらの言葉に対する解釈には細かな違いが存在します。

非課金は、一切の金銭をゲームに投じないプレイスタイルを指す場合が多く、絶対にお金を使わないという強い意志を持ったプレイヤーを指します。

 

無課金に関しては、解釈が二分しており一部では「全く課金しない」という意味で非課金と同じく使われます。

しかし、別の捉え方として「無理なく、お小遣い程度の範囲で少額課金する」という意味合いで用いられることもあります。

 

また、無課金を「絶対に課金しない」と強く主張するプレイスタイルと捉え、非課金を「課金に否定的ではないが、特定の理由から課金しない」とする解釈もあります。

 

結局のところ、「非課金」と「無課金」の違いは、言葉の定義よりもその使用者の意図やゲームに対する姿勢に大きく依存すると言えます。

どちらの用語が「正しい」かというよりも、それぞれがゲームを楽しむための個人的な選択と理解しておくことが重要です。

 

国税庁が解説する非課税と不課税の区別を参考にすると

国税庁の説明によると、非課税と不課税の違いは以下の通りです。

不課税取引は、消費税法の規定により、消費税の課税対象外とされる取引を指します。

具体的には、事業者による事業活動としての資産の譲渡やサービスの提供が国内で行われる場合が課税対象となります。

これに該当しない取引、例えば海外取引や無償の提供、寄付、贈与、出資による配当などは消費税の課税対象外となります。

これらの取引を総称して不課税取引と呼びます。

非課税取引は、消費税が原則として課される国内の事業活動による資産の譲渡やサービスの提供にもかかわらず、特定の条件や社会政策的な配慮に基づき消費税が課されない取引を指します。

このカテゴリーには、土地の譲渡、有価証券や商品券の取引、預貯金の利子、社会保険にかかわる医療サービス等が含まれます。

 

簡単に言えば、不課税取引は「もともと課税の範囲に入らないため課税されない取引」であり、非課税取引は「課税の対象にはなるが、特定の理由で課税を免除される取引」と理解できます。

この理解を踏まえると、「非課金」と「無課金」の用語使用も、以下のように納得がいくかもしれません。

  • 無課金は、「課金する意味が理解できず、課金を全く行わない状態」を意味します。
  • 非課金は、「課金が可能であるにも関わらず、特定の理由で課金を行わない選択」を指します。

オンラインでの用語使用傾向を見ると、「全く課金をしないこと」を指す場合には、「無課金」の方が「非課金」よりも一般的に使われることが多いです。

 

まとめ

非課金と無課金の違いについて解説しました。

実際に課金ゲームをしてる人からの感覚でいうと、無課金の方が絶対に課金しない意思を強く感じるようです。

テキストのコピーはできません。