ラグビー日本代表の日本国籍取得選手の見分け方

ラグビー2019

ワールドカップラグビー2019

日本代表の活躍もあり、事前の心配が杞憂になるほどの盛り上がりを見せている。

日本代表も強くてワクワクする。

カタカナのままの帰化選手

さて、ご存知の通り、ラグビーの代表にはその国の国籍がなくても入れる。

日本の場合、東洋人に交じって西洋人がプレーしてるから

「外国人が多いな」

という印象を持ちがちだが、

目立たないだけでW杯に出てるどのチームも外国人選手が多数所属している。

世界中のどの国でもそうである。

日本の代表として戦う事を選んだ選手たちの中には

日本に骨を埋める覚悟で日本に帰化し、日本人として代表でプレーしている選手もいる。

ただ帰化しても名前がカタカナのままの人が多いのでぱっと見では分からない。

サッカーでも帰化した選手は現在まで何人もいたが

有名なところでは

ラモス瑠偉氏

田中マルクス闘莉王選手

呂比須ワグナー氏

のように名字を漢字に当てたりしてたので分かりやすくあった。

ラグビーの場合はカタカナのままの人が多いので分かりにくいが

実は見分け方があるのだ。

帰化選手の見分け方

姓名の書き順

日本国籍を取得した選手は名前の書き順が

名・姓から日本式の姓・名になる。

そういわれても外国語の名前由来では姓も名も分からんわい!

となりますよね。

そこで次のポイント。

 

日本人となった選手は「・」が付かない

どゆこと?

つまり、例えば田中史朗選手の場合、

田中・史朗 って書かないでしょ?

それと同じで

マイケル・リーチだった人は

帰化して

リーチ マイケル

と表記されるようになったのである。

 

日本代表に選出されてる外国出身選手で

アマナキ・レレイ・マフィ選手のように表記されてる選手は外国籍選手、

トンプソン ルーク選手は日本人選手

とすぐ分かる。

まとめ

日本国籍取得選手の見分け方について書いてきましたが、

ラグビーってのは一緒に戦った仲間を大切にするスポーツなので国籍とかはそこまで気にしなくていいと思います。

生まれた国やもっと他の国での代表になる事を捨てて、

日本のために日本の仲間と戦うことを選んでくれた選手たち。

心から応援したい。