ゴジラと自衛隊




今度新しいゴジラの映画が公開されるそうな。

キャンペーンで石原さとみがようテレビ出てる。

 

映画の映像をちらっと見たら、ゴジラ上陸に際し、自衛隊が攻撃してた。

ゴジラの相手ってのは地球防衛軍と昔から相場が決まってたが、最近は自衛隊が応戦するのか。

ていうかね、現行法で自衛隊はゴジラに攻撃可能なんかね。

基本的に自衛隊は根拠規定で動くから、決められてない事は勝手に出来ない仕組みになってる。

だからゴジラが上陸してきても、急いで国会を開いて審議して「ゴジラ特措法」みたいなんを作らないと攻撃出来ないかも知れん。そんなんしてる間に国会が踏み潰されるわ。

 

普通の軍隊は「やってはいけない事」が規定されてて、それ以外は任意に実行可能(ネガティブリスト=禁止規定)。

 

自衛隊は「やっていい事」だけ規定されてて、それ以外の事はやってはいけない(ポジティブリスト=根拠規定)。

 

しばかれたらすぐしばき返せるように、この辺は改正しておくべきだとは思うけどね。

 

 

それはそうと、やはりゴジラの相手は地球防衛軍だなあ。

でないとあのテーマ音楽が流れないじゃないか。

 

スポンサードリンク


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA