食いピンフの点数とピンフの定義

20年以上前になりますが、ある麻雀ゲームで食いタンを和了ったときのこと。

みたいなピンフ形のやつです。
ドラも何もないので1,000点ですね。

と思ってたら驚いた事に和了点は700点

今どき700点なんていうアガリ点がありますか?
まあ、20符1翻ってことなんでしょうね。

確かにこの形は出アガリすれば符はありません。
その符の通りに計算すれば子で700点、親で1000点となります。

でも現代麻雀ではこの和了は子で1,000点として扱われてます。

なぜなのか解説します。

平和という役の定義

ピンフ。
漢字では「平和」と書きます。
平たい和がりと書きますが、これは符の無いアガリという意味です。

ピンフという役がシュンツのみで構成されるメンツ役牌以外での雀頭、そして待ちがリャンメン待ちでのアガリ、
という細かい決めがあるのはそのためです。

この決めでの手牌で符がつきません。
ピンフという役で「雀頭が役牌ではダメ」というのは役牌が頭だと対子の2符が付いてしまうからですね。

食いピンフの点数は

そこでさっきの牌姿、

ピンフという役の定義から見ると、これにはピンフという役も含まれるのでは?と感じる人も居るかも知れません。
出アガリすれば符が一切つきませんからね。

とうか、昔はこれもピンフでした。
食いタンならぬ食いピンフというのがあったんですね。

だからこれは食いタン食いピンで1300点(20符4翻《タンピン+場ゾロ》)。

しかし、やがて食いピンフが廃止されていきました。

となるとさっきの牌姿、やっぱり700点なのか?と思ってしまいますが

「20符で計算するならそれは平和の和了にもなるだろ、平和でないのなら何かしらの符が付くべきだ」
という事でこの牌姿は慣例的に30符で計算されるようになりました。

簡単にいうと食いピンフ廃止する代わりにこれ30符で計算するようにしよーということです。

なので鳴いてピンフの形でアガッても最低点は1,000点となりました。
食いピンフ形のチャンタでも同様です。

ちなみにピンフをツモった時だけツモ符の2符が付かず20符で計算されるのもこういう定義からです。