食い(鳴き)ピンフの形でアガったら700点?平和の意味と条件を解説

20年以上前になりますが、ある麻雀ゲームで食いタンを和了ったときのこと。

みたいなピンフ形のやつです。
ドラも何もないので1,000点ですね。

と思ってたら驚いた事に和了点は700点

今どき700点なんていうアガリ点がありますか?
まあ、20符1翻ってことなんでしょうね。

確かにこの形は出アガリすれば符はありません。
その符の通りに20符1翻で計算すれば子で700点、親で1000点となります。

でも現代麻雀ではこの和了は子で1,000点、親で1,500点として扱われてます。

なぜなのか解説します。

平和という役の定義・意味

まずピンフという役がどういうものなのか説明します。
漢字では「平和」と書きます。
「平たい和がり」と書きますが、これは符の無いアガリという意味です。

ピンフという役が

  • シュンツのみで構成されるメンツ
  • 役牌以外での雀頭
  • 待ちがリャンメン待ちでのアガリ

という細かい決めがあるのはそのためです。

この条件での手牌ですと符がつきませんよね。

ピンフという役で「雀頭が役牌ではダメ」というのは役牌が雀頭だと対子の2符が付いてしまうからですね。
オタ風なら雀頭としてOKなのも、対子の2符が付かないからです。

 

同じ理由で、ピンフをツモった時だけツモ符の2符が付かず20符で計算されるのもこういう定義からです。
ピンフをアガったのに符が付くのはおかしいですもんね。

 

 

 

喰いタンで20符しかない食いピンフの点数は

そこでさっきの牌姿、

ピンフという役の定義から見ると、これにはピンフという役も含まれるのでは?と感じる人も居るかも知れません。
出アガリすれば符が一切つきませんからね。

とうか、昔はこれもピンフでした。
食いタンならぬ食いピンフ(あるいは鳴きピンフ)というのがあったんですね。

だからこれは食いタン食いピンで1300点(20符4翻《タンピン+場ゾロ》)でした。

しかし、やがて食いピンフが廃止されていきます。

となるとさっきの牌姿、やっぱり700点なのか?と思ってしまいますが、

「20符で計算するならそれは平和の和了にもなるだろ、平和でないのなら何かしらの符が付くべきだ」
という事でこの牌姿は慣例的に30符で計算されるようになりました。

(あまり使われない言葉ですが「平和加符10符」というのがあります。)

 

簡単にいうと食いピンフ廃止する代わりにこれ30符で計算するようにしよーということです。

なので「鳴いてピンフの形」でアガッても最低点は1,000点となりました。
食いピンフ形のチャンタでも同様です。

 

つまり、図の手牌は「食いタンのみ」で1,000点となります。

念の為に言っておきますが、食いピンフ・鳴きピンフは現在では採用されてませんので、食いピンのみではアガれませんからね。

ツモピンありとなし

ピンフをツモったときはツモ符2符を加算しないとお話しました。

仮に、ツモの2符をどうしても付けたいのであればピンフ役を数えない計算になります。

現代の4人打ちではほぼ採用されてませんが、40年くらい前までは「ツモピンなし」というルールでやってたところもありました。

どういうことかと言いますと、例えば、

リーチ・ツモ・ピンフ・ドラ1をツモアガリしたら普通は20符4翻で1300・2600です。

しかし、ツモピンなしルールではリーチ・ツモ・ドラ1の30符3翻で計算し、1000・2000となります。(ピンフを数えない)

つまり、

ピンフ・ツモ→ツモ符を加算せず20符で計算。

ピンフをツモった時はピンフ役を数えない→30符で計算。

となるのです。

 

早い話が、ピンフという役を取るかツモ符を取るかってことです。

現代ではツモ・ピンフを採用して20符計算となってます。

ただし、3人打ち麻雀ではツモピンなしの30符計算で遊戯されてるところも健在であることも加えておきます。

まとめ

麻雀点数表には20符1翻の欄がいまだに残ってます。

現代麻雀では使われない点数なのに何で書いてあるの?と思ったりしましたが、昔は使う場面もあったのですね。

食いピンフ、鳴きピンフの形で20符しかないのに30符で計算されてる理由わかりましたか?