スーツのスカートはどこで履く?ウエスト?腰?スカートの正しい履き方

スーツのスカートってどこで履くのが正しいのか意外と知らないですよね。

スリットありのものや、タイトなもの。

スーツのスカートにはまざまな形がありますが、選ぶスーツによって丈間も違います。

スカートのウエストの位置には意外と迷ってしまいますよね。

普段は自分の好きなように履いてオシャレは楽しみますが、フォーマルになると気にして履かないだけあって、正解が分かりにくい…。

体型によっても変わってくるので、難しいですよね。

 

今回はそんなスーツのスカートをどこで履くのが良いのか、履き方について解説していきたいと思います。

スーツのスカートの正しい履き方

正しいスカートのウエストの位置ですが、スーツのスカートは上で履きすぎても丈が短くなってしまいますし、といって腰履きは清潔感に欠け、身だしなみを整えるにはもってのほかです。

では一体どこが正しいのかといいますと、横腹のほうに骨が出っ張っているところがありますよね。

腸骨といいますが、そこに基準に履くと丁度良いです。

ひっかりがあるので、きちんとサイズがあったものならずれることもないので安心ですね。

もし、スカートが大き過ぎてズレてしまったりする際は応急処置として安全ピンで詰めて止める等、対処をしておきましょう。

事前にきちんとフィッティングしておくのが一番です。

スーツのスカートはチャックの位置を確認して履きましょう

<向きについて>

スーツのスカートですが、ウエストの位置もさることながら向きにも迷われる方が多いようです。

一般的なスーツスカートは、スリットがついていますよね。

これは歩きやすくするための、機能性を考えたものになっています。

スリットが入ったスカートはスリットを後ろにして履くのが正しい向きになります。

 

この時、チャックの位置も後ろになります。

なのでスーツのスカートを履く際は、チャックの位置を確認してみてください。

もし止めにくいようであれば、前でチャックを閉めてからウエストを回して後ろに来るようにしてみて下さい。

 

<スリットがない場合>

スリットがない場合は、ウエストの内側を確認してみて下さい。

型崩れ防止のための紐が2本ついていますので、その紐が両端に来るようにして履くと正しい向きになります。

 

<スカートの丈について>

ウエストの位置が定まったら、確認したいのがスカートの丈の長さ。

ウエストはバッチリでも、スカートが短すぎたり長すぎたりしていると残念な印象になってしまいます。

基準は座った時に膝上5cm以内、立位時は膝の中央からひざ下くらいの長さになるようにします。

短いめのスーツスカートでは、膝上3cmくらいまでが良いとされています。

極端に短すぎたり長すぎたりすると不格好になってしまいすので、きちんとサイズの合ったものを選びましょう。

清潔感が感じられるような身だしなみを意識しましょうね。

スーツのスカートがしわにならない座り方

スーツの素材はしわになりやすいです。

ですのでスカートなど裾が広がっているものは、座ったあとシワがついてしまっていることがあります。

しかも一度ついてしまうとなかなか取れなかったりするので、少しでも軽減したいものです。

 

座る際に少し工夫をすれば軽減できる簡単な方法がありますよ。

  1. まず、座面にくるスカートの生地をしっかり横に引っ張ります。
  2. そのまま生地を張ったままをなるべくキープして座ります。
  3. あとは、なるべくお尻を浮かさないようにし、動きを最小限にとどめます。

これだけです。

ポイントとしては、生地と生地が折り重なることでシワは出来てしまうため、生地がなるべく重ならないようまっすぐにすることを意識して座るようにしましょう。

そうするとシワがつくのを軽減することが出来ます。

座る動きにも丁寧さが出て、良いのではないかと思います。

また、最近では防シワの生地のスーツも多く出回っているのでそういったものを初めから選ぶのも良いかと思います。

 

<その他の対策>

その他のシワ対策としてお家で毎日ケアをするのも効果的です。

市販でもシワ取りスプレーというものが売ってあります。

吹きかけておくだけで洋服のシワのケアができてしまう優れモノです。

お家ではなくても、持ち歩くと気づいた時に直すことができるので便利なのではないでしょうか。

うまく活用して、綺麗にスーツを着こなしてみてください。

まとめ

今回のポイントをまとめます。

★ポイント

  • ウエストの位置の目安は、腰の出っ張った所(腸骨あたり)に引っ掛かるように履く。
    ※おへそが丁度隠れるくらいになる
  • ファスナーは後ろに来るように履く(スリットも)
  • スリットがない場合はウエストの紐を目安にする
  • シワが付かないように座るには、生地を引っ張りながら座り生地が重ならないようにすることを意識する。

就活中は不安や気になることがあると大変です。

でも、きちんと身だしなみを整えていれば毎日安心して頑張ることが出来ますね。

多忙な日々の中ですが、自らの体調管理をするのと同じように一緒に頑張ってくれるスーツも労ってあげましょう。

少しでも悩める就活生の方々のお役に立てますように。