スーツのスカートのスリットの位置はどこが正しい履き方?

就職活動を始めて、まず用意するのがリクルートスーツですよね。

パンツスタイルもありますが、タイトスカートやフレアスカートなど様々な形があります。

中でもスリット入りのスカートを選ばれる方が多いのではないかと思います。

 

しかし、普通のおしゃれなスカートとは違い、スーツスカートは普段から履くことがないので正しいスリットの位置がわからないという方も多いのではないでしょうか。

今回は、聞かれると意外と分かっていない正しいスーツのスカートの向きやその確認方法、また、選ぶ際のポイントなどについてもまとめてみました。

スーツのスカートはどこが前?スリットがない場合は?

まずスリットとは、服やスカートに入っている切れ込みのことです。

スーツのスカートはスリットがあるものとないものがあります。

スリットがあるスカート、ないスカートそれぞれのスカートの向きについて説明します。

 

スリットあり

スリットがあるものはスリットがない方が前、つまりスリットが後ろにくるように履くのが正しい向きとなります。

基本的にはスリットの上にはチャックがくるようになっているのでその点も参考にしてみて下さい。

スカートによっては横にスリットが来るものもありますが就活には不適切です。

選ぶのはやめておきましょう。

 

スリットなし

では、逆にスリットのないスカートの場合ではどうすればよいかといいますと、スカートの内側を確認してみてください。

ウエスト部分にハンガーにかけるためのホックがあるかと思いますので、それが左右の両端にくるように履くのが正しい方向になります

スーツのスカートのスリットの適切な長さ

スリットの長さは深すぎるのはNGです。

といいますのも、就活をするにあたり大切なのは清潔感です。

スリットの深く入っているもの、足の露出が多いものは清潔感に欠けてしまうので、適していません。

また、短すぎると今度は歩きにくくなってしまうので適度な長さを選ぶ必要があります。

いずれにしても、買う際には試着をし、店のスタッフや友達に見てもらうなど、必ず確認しましょう。

そもそもこのスリットは何のためにあるのか?

これは疑問に持つ方もいるかと思いますが、これは歩きやすくするために施されている工夫なのです。

スリットが入っていることで足を前後に出しやすくなり歩幅が広がって、楽に歩けるようになります。

就活中は一日に何社も面接に向かうこともあり、長距離を歩くこともしばしば。

こういった点も考えて選ぶことも大切なのではないでしょうか。

 

ただ、スリットのないものが良くないという訳ではありません。

スリットのないものでは、すっきりした印象も与えられるかと思います。

フレアスカートも社風によってはOKなところもあるようですが、基本的には派手すぎるものは就活には適していません。

ご自分の表現方法の一つとしてもスーツの形を考え、その上で社風にあったもの、清潔感のあるものを選ばれることをおすすめします。

スカートの長さも大切

また、スカートの長さも確認が必要です。

スーツのスカートの標準丈は膝から±5㎝以内。

立った状態では膝に少しかかるくらいがベストです。

着席した際も膝頭から±5cmくらいがよいとされています。

長すぎると少し重い印象になったりしますし、短すぎると挑戦的にとらえられたりします。

このように長さひとつで意外と印象が変わるため、注意が必要なところです。

いずれにしても10cm以上など短くなりすぎると露出が多く、不適切だと判断される原因になる可能性もあります。

きちんと確認しておくとスカート丈での失敗を防げますね。

スーツのスカートがくるくる回ってずれるときの対処法

ウエストはピッタリサイズよりも少し余裕を持ったサイズがおすすめです。

しかし、ウエスト部分がくるくる回ってしまうほど大きいと、スカートがずれて何度も持ちあげたり直したりしなければならなくなります。

こんな状態ではせっかく準備してきた面接にも落ち着いて挑めません。

 

きちんとウエストを合わせて買っていても、痩せてしまったり、買ったものが思ったよりも大きすぎたりでウエストが合わないということもあります。

意外とトラブルは出てきてしまいますね。

 

そんな時にはストッパーなどが市販で売られていますので一つ用意しておくと安心ですね。

もし、ストッパーではどうにもならない、という場合には応急処置として安全ピンで内側から止めてずれないようにする方法もあります。

ホック式のものでしたら、手縫いでホックの位置を詰めてお直しをするなどのやり方もあります。

自分で直すのは不安だという方は、買ったお店にお直しを頼むのが安心です。

料金などはお店によって違うので問い合わせてから利用しましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

スーツのスカートの正しい履き方やポイントをまとめると

  • スリットを後ろにして履く。
  • スリットのないものは内側のハンガーをかけるホックを左右両端に持って履く。
  • スリットの長さは、足が見えすぎないよう長すぎないものを選ぶ。
  • スカート丈は±5cm
  • ウエストはピッタリより少し余裕があるものを選び、ずれすぎたりしないか確認する。

数cmの差で印象が変わってくるので事前によく確認し、準備することが成功の鍵ですね。

スーツを買う際は、きちんと試着をしてから選ぶようにしましょう。

「就活」と聞くと身の締まる思いがしますね。

スーツは一緒に面接を頑張る友達のようなものですから、ぜひとも自分の着心地の良いものを選んでみてください。