ウエスト詰めグッズは100均のもので大丈夫!いざという時の対処法

昔の服だったり、礼服のようなたまにしか着ない服でウエストが合わない、なんて経験をしたことはないですか?

きつくて履けないのも困りますが、ウエストが大きすぎると緩くてずり落ちが不安ですよね。

何より不格好で恥ずかしい。

気になって落ち着かなくなっちゃいます。

そういったことって、なぜかいつも気が付くのがギリギリ…
ということが多くて、たいていは直す時間も余裕もなくて焦ってしまいます。

そんないざという時に100均のウエスト詰めグッズで出来る簡単な対処法があるんです!
その方法をご紹介します。

ウエストを詰めるにはクリップや安全ピン!使い方や注意点は?

洋服のウエスト問題。

確認しとけばよかった、なんてことよくありますが、この少しの工夫で難なく解決出来ちゃいます。

ウエストをとりあえず詰めたい。

そんな時には次のグッズが役立ちます!

 

クリップ

〈手順〉

  • 詰めたい長さのウエストを折りたたむ。
  • クリップではさむ

たったこれだけです。

これなら、縫ったりもしないのでサクッと直せます。

薄手のものも、厚みのあるものもクリップを使用するとしっかり固定できるのでおすすめです。

挟むクリップの大きさは、普通サイズのもので良いと思います。

小さいものも売っていますが、小さすぎると挟む力も弱くなるので注意が必要です。

大きすぎても少し目立ってしまう可能性があります。

 

今は100均に色んな可愛い柄や色のクリップも売ってあるので好みで選んでもよいですね。

不器用さんにもおすすめの方法です。

 

安全ピン

<手順>

  • 詰めたい長さのウエスト部分の布をジャバラに折り重ねる。
  • 安全ピンを通し、止める。

クリップ同様に簡単な方法です。

ただ、安全ピンは針があるので怪我などをしないように注意しましょう。

針先が出にくいように工夫されている安全ピンもあるみたいなので、安全面も考えて選ぶと良いかもしれません。

100均ではありませんが、ネットにはかわいいものも最近は売っているのでファッションのワンポイントにもなりそうです。

6枚セットパンツウエストピンウエスト

最近話題のQoo10で販売されてます。

 

他にもウエストを調整して詰めるのに使えるグッズを紹介

ゴムベルト

<手順>

  • ゴムベルトをベルト通しに通す。
  • 先のスナップを止める。

100均などにいくと、こういったゴムベルトがあります。

ベルト通しに通して使うだけなので簡単です。

柔らかいので苦しくもなりにくいですね。

ゴムの長さが調節ができるので子供さんにも使用できます。

ベルト通しがなくても、上からつけるだけできちんと止められます。

ワンピースのベルト代わりに使用出来たりとなかなかの優れモノです。

 

ゴム製のボタンホール

これは縫いつけて使用するものですが、たくさんボタンホールがあるので細かくサイズ調整が可能です。

ゴム製なので切って長さを変えられますので、妊婦さんから子供までと、幅広く使用できますね。

今頃はどんどん便利なものが発売されているので、使ってみるのも良いかと思います。

自分で買いに行くのが面倒…なんて方は楽天やAmazonなど通販で売っていますので参考にしてみてください。

サスペンダー

ズボンやスカートのウエストに挟むだけなので楽ちんです。

肩からかけるのでずり落ちる心配はありませんし、

おしゃれのワンポイントとしても使えますね。

これも100均に売ってありますので、簡単に手に入れることができます。

逆に緩めたい時は?

今まではウエストを詰める方法を紹介しましたが、逆に緩めたい方もいらっしゃるかと思います。

そういった時の対処法もご紹介します。

ホックを足す

「お直しいらず」という便利なものが売られています。

ホックを掛ける位置によって調整ができるようになっています。

すでについているホックに掛けてつけるだけなので縫いつけも不要で、とっても簡単にウエストを伸ばすことができます。

また詰める方法でご紹介した「ボタンホール」や「ゴムベルト」はウエストを緩める時にも活躍しますので、ひとつ持っておくと便利かもしれませんね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

太ももに合わせるとウエストのサイズが合わない。

痩せてしまって、お気に入りだったジーンズが履けない。

少し太ってしまって、昔のスカートが履けない。

様々なお悩みが出てきますが、たちまち着られないのは困ります。

なにより、せっかくのお洋服ですから、着られなくなってしまうのは残念ですしもったいないですよね。

服のウエストに悩んだら、ぜひ、今回ご紹介した方法を試してみてくださいね。