反省文の書き方!学校でピアスがバレたときの例文

ピアスが学校にバレて反省文を書けと言われた。

面倒くさいですよね。

ここでは学校でピアスがバレたときの反省文の例文と書き方のポイントを紹介していきます。

ピアスがバレたときの反省文の例文

ピアスがバレたときの例文です。

○○年○月○日、私○○は学校の規則を破り、耳にピアスの穴を開けるという高校生にはあるまじき行為をしてしまいました。
このことに対して謝罪の気持ちを込めて反省文を書きます。

ピアスの穴を開けたことに深い意味はなく、友人たちからの挑発に乗り、半分度胸試しのような気持ちで耳にピアスの穴を開けてしまいました。

その場の雰囲気で、子供じみた恥ずかしい行為をしてしまったと大変後悔しております。

もちろん、ピアスの穴を開けることは校則で禁じられていることを知っていました。
ですから弁解の余地がないことは分かってます。

今回の行為で、家族やクラスメート、先生方に多大なご迷惑をおかけいたしました。
謝って許されるようなことではありませんが、本当に申し訳なく思います。

今回の行為で失った信用はそう簡単に取り戻すことはできないことは承知してます。
これからは他の学生からみて模範となるような行いができるよう努めていきたいと思います。

この度は大変申し訳ありませんでした。

ピアスの反省文の書き方のポイント

具体的な構成について見ていきましょう。

  1. いつ、何が理由で、どのようなミスをしたのか
  2. 反省の意
  3. 今後の改善策と誓約

基本的にはこの構成で、色々と膨らませて書いたら大丈夫でしょう。

 

項目ごとに見ていきましょう。

1の「いつ」というはピアスをしているのがバレた日です。

加えて、なぜピアスをつけたのか理由を書けば大丈夫です。

 

2の反省の意ですが、これは反省している気持ちを素直に書けば問題ないでしょう。

くどいくらいに反省していることを伝えたら大丈夫です。

 

3の今後の改善策と誓約。

これからもちろんピアスはつけないこと、今後具体的に失った信頼を取り戻すためにどのような行動をとるつもりか書けば問題ありません。

以上をふまえてもう一度例文を読み直してみてください。

原稿用紙に書く時の注意点

ここまでは反省文の構成についてお話ししましたが、原稿用に書くときの注意点についても5つほどお話しします。

 

この注意点を押さえるとよりよい反省文が書けるでしょう。

まず1つめ、パソコン作成より手書きで。

これは原稿用紙に書くという前提で話しているので、大丈夫ですよね。

確かにデジタル化が進んだ昨今では、パソコンで反省文を作っても大丈夫ではないかと思われるかもしれません。

友人にメールなどで絵文字や顔文字をつけるわけではないのでパソコンでもいいような気がしますが、やっぱり手書きの方が気持ちは伝わりやすいです。

文字に自信がなくても、丁寧に気持ちがこもっている文章には好感が持てます。

 

2つめは、謝罪の気持ちが十分込められているようにしましょう!

これは構成のところでもお話ししたのですが、謝罪や反省の意が込められた文章は、少しくどいかなと思う程度に加えましょう。

 

次に3つ目は、曖昧な表現は避けましょう。

「〇〇だと思います。」や「〇〇するよう気をつけます」などの曖昧な表現は、自信がないのかなと思われてしまいがちです。

ですから「〇〇します。」など断定的な言葉を使うようにしましょう。

好印象な文章になりますよ。

できるだけ曖昧な表現は使わないようにしましょう。

 

4つ目は、ダラダラと言い訳がましくしないことです。

例文の中に友人に挑発されたという部分がありますが、これはピアスの穴を開けたきっかけを話しただけで言い訳にもなりません。

誰々のせいで〇〇しなかったとか、誰々が誘ったせいと他人のせいにするのではなく、自分の非を潔く認める文章にしましょう。

 

最後に5つ目は、誤字脱字は絶対にしないことです。

当然真面目な文章にそんなことはあってはなりません。

逆にあなたが受け取ったらどんな印象を持ちますか?

「適当に書いているのか?」「本当に反省しているのか?」「この注意力のなさだとまた同じこと繰り返すだろうな」などよくない印象を持つはずです。

同様に相手方も同じような印象を持つので、誤字脱字に気をつけましょう!

まとめ

ピアスがバレたときの反省文の例文と書き方を紹介しました。

反省文で許してもらえるなら軽いものです。

表向きだけでもちゃんと反省して反省文を提出しましょう。