本ページはプロモーションが含まれています

アロンアルファでネイルチップを付けたけど?取り方と注意すべきこと

普段お仕事などでネイルアートができない方、たくさんいらっしゃると思います。

でもお出かけの日だけでもオシャレをしたい!

そんな時に活躍するのがネイルチップ。

わたしも趣味でネイルチップをたくさん作って日替わりで楽しんでいます。

 

両面テープでつけるとどうしても剝がれやすいので、結婚式などの大事な日はネイルグルーでガッチリ固定しています。

 

 

このネイルグルー、成分としてはアロンアルファとわりと似ているんですよね。

なので、ネイルチップをアロンアルファでつけてもいいんじゃない!?

って、実際に使っている人がいます。

 

ですが、アロンアルファはあまりおすすめしません。

 

ここでは、アロンアルファでつけてしまったネイルチップの剥がし方や注意点など紹介します。

 

 

アロンアルファで付けたネイルチップの取り方

アロンアルファで付けたネイルチップは、ネイルグルーで付けたときと同様に、アセトンやネイルリムーバーに浸してネイルチップを溶かして取る方法となります。

 

溶かして剥がすとチップは1日の命…。

もったいないんです。

 

アセトンを使わずに無理やりはがしてしまうと、爪も一緒にはがれてしまいそうになります。

危険ですので無理やりは絶対にやめてくださいね。

 

 

また、浸して取りますから大量のアセトンが必要になりますし、手の水分がなくなりそう。

なので、爪とネイルチップの間に染み込ませるようにアセトンを入れ、徐々に剥がす方法を試してください。

 

ネイルチップを取り外したら、爪に残っているアロンアルファをやすりなどで削って落としましょう。

 

 

爪が割れてしまったときにアロンアルファでくっつけるのは良いのか悪いのかを解説した記事があります。

爪が割れてしまったときの参考にしてください。
↓↓
爪が割れたら接着剤やアロンアルファでくっつけてもいい?使い方と効果

 

アロンアルファをネイルチップに使うのがダメな理由

アロンアルファは人体用には作られていません。

アロンアルファは皮膚に付いてしまったら危険ですので、すぐに洗い流す必要があります。

皮膚に付いてた場合は無理に剥がさず、ぬるま湯でもみほぐしてください。

 

アロンアルファが公開している注意事項です。

 

 

爪も皮膚の一部ですので、何かしらの害があると言えるでしょう。

具体的には

  • 爪が傷みボロボロになってしまう可能性がある
  • 爪がアロンアルファの跡で汚い状態がしばらく続く
  • 爪の病気になり、最悪の場合戻らない可能性がある

 

傷んでボロボロになるのは一定期間を要して戻すことができそうですが、病気になるのはいただけませんね。

 

また、アロンアルファは固くなる時に水分を使いながら熱を発します。

服についてしまうと煙を発する程度には熱を発するのです。

なので、もしかすると爪の水分を取られてヒビ割れになったり、熱を感じたりする可能性があり大変危険です。

 

爪は健康のバロメーター。

爪の色・輝き・乾燥・デコボコ、これで健康状態が分かります。

爪がなくなると握力も減りますので、なかなか生活も不便だったりしますよ。

ネイルチップを連日付けっぱなしにするのもオススメしませんが、付ける際には爪のことも気にしてあげてください。

 

アロンアルファのはがし液として代用出来るものは?

アロンアルファのはがし液は、先ほどアセトンでと紹介しましたが、ネイルの除光液を使っても取れます。

除光液の成分は、アセトンが60~90%含有されています。

除光液はご自宅にもあるかと思いますし、薬局や100均にもボトルで並んでいますので、手軽に手に入れることができますね。

 

アセトンや除光液を使うのは、やっぱりネイルチップが溶けてしまうので嫌だ…、という方は、お湯でふやけさせる、という方法はどうでしょうか。

かなり時間がかかりますが。

 

ただただ手をお湯につけておくのは時間の無駄ですし動けないのでかなり苦痛かと思いますので、お風呂の湯舟に浸かる間などに頑張ってネイルチップを外してみましょう。

身体もあったまりますしね、健康にも良さそうですね。

外すときは徐々に。

つま楊枝やウッドスティックを使うと剥がれやすいですし、指も傷みませんよ。

 

他には

・ネイルオイルを使う方法

お湯である程度ふやかした後、ネイルチップの周りにネイルオイルを塗ってつま楊枝やウッドスティックで徐々にはがしてください。

 

・アロンアルファはがし隊

ちょっとふざけた名前ですが、なかなか良い仕事をすると評判の「アロンアルファはがし隊」。

チューブ型になっているので、ボトルの除光液より使いやすいかも?

こちらもネイルチップの周りから染み込ませ、つま楊枝やウッドスティックで徐々に剥がしてください。

ちなみに、成分はアセトンです。

 

まとめ

アロンアルファでつけるのはやめよう…と思っていただけたでしょうか。

 

しっかり固定したいとなると、ネイルグルーやワンタッチグルー、最近は剥がれにくいテープや粘着グミなど、いろんな種類が販売されていますよ。

色々試してみてください。

 

わたしのオススメは、ビューティネイラーの接着剤。

塗って乾燥させるとアロンアルファでつけたようにガッチリとつきます!

お湯に浸すと糊が緩くなり簡単にはがすことができますし、接着剤を塗り重ねて繰り返し使えるところもメリットです☆

テキストのコピーはできません。