惣菜パンの消費期限と保存方法!冷蔵庫に入れると日持ちする?

パン屋さんやスーパーに売ってる惣菜パンおいしいですよね。

お野菜が入ってたり卵が乗ってたりソーセージが挟まってたり。

たまにあれもこれもと買いすぎてしまって、お家に買って帰っても食べ切れないことがあります。

当然、後日に食べることになるんですが、そんなときに気になるのが惣菜パンの消費期限です。

パン屋さんのパンや惣菜パンには消費期限が書いてないものもありますもんね。

惣菜パンって何日くらいなら大丈夫なんでしょうか。次の日以降に食べるならどんな保存方法が最適なのでしょうか。

 

ここではそんな惣菜パンの消費期限や最適な保存方法について解説します。

賞味期限じゃなくて消費期限ですのでお間違え無く。

 

結論を言いますと、パン屋さんの惣菜パンは当日が消費期限だと思っておきましょう。

当日に食べるのが無理だった場合は翌日の午前中には食べ切るようにましょう。

まあ、惣菜パンの消費期限はそのお惣菜の種類によるところが大きいですが。

夏場に常温で保存してたとか、暑い車の中に置いておいた、とかだと日を跨がない方が良いです。
その日のうちに食べてしまいましょう。

惣菜パンの消費期限が早いわけと常温保存

パン屋さんのパンは保存料を使っていないので、傷みやすいです。

保存料が使用されてるスーパーやコンビニのパンに比べると、手作りされた惣菜パンなどは長く日持ちしません。

なので当然、消費期限が短いです。

基本的には当日中に食べるのが理想ですが、惣菜の中身によっては比較的日持ちするものもあります。

日持ちする惣菜

  • ウインナー
  • ハム
  • チーズ
  • 焼きそば
  • ピザ

日持ちするもの惣菜なら1日くらいは大丈夫だと思われます。

でも、食べる前に一応ちゃんと確認しましょう。

 

日持ちしない惣菜

  • 玉ねぎ
  • 生クリーム
  • コロッケ
  • マヨネーズ
  • カレー

特に生クリームやマヨネーズが使われているものは当日中に食べた方が良いです。

また、具に火が通っているもの、野菜が入っているものも傷みやすいので早めに食べてしまいましょう。

 

季節によっても日持ちが変わります。

日持ちすると紹介した惣菜パンでも、夏の暑い日に常温で放置してたものは食べるのには注意が必要です。

味とか匂いとかに少しでも違和感を感じたら食べるのは控えましょう。

 

惣菜パンではなく惣菜そのものの消費期限はどれくらいなのでしょうか。

スーパーで揚げ物や煮物を買ったものの、次の日以降に食べようと思いながら日にちが経ってしまったってことよくあると思います。

惣菜の種類ごとの消費期限とか、消費期限そのものの決め方などまとめた記事がありますので参考にしてください。
↓↓
スーパーで買ったお惣菜の消費期限っていつまで?次の日も食べていい?

 

パンの消費期限が過ぎてても冷蔵庫にいれてれば食べても大丈夫?

 

冷蔵庫に入れておけば消費期限は少しは伸びるのでしょうか。

1日くらいは過ぎてても大丈夫かなって思いますよね。

実は冷蔵庫で保存しておくと消費期限は伸びるには伸びます。

ラップでくるんでジップロックとかに入れて冷蔵庫に保存しておくと1週間ほどは大丈夫です。

 

しかし、冷蔵庫に保管するとパン生地が硬くなってしまったり水分が抜けてしまったりで、パサパサになって美味しさが半減してしまうこともあります。

私もしっかり密閉してないまま冷蔵庫に入れてしまってせっかくの美味しいパンがカスカスになって悲しい思いを何度もしましたよ。

 

注意点としては、ちゃんと密閉すること!ですね。

 

ほんとはそんなことしないで早めに食べるのが一番良いんですけどね…。

惣菜パンの最適な保存方法は冷凍

惣菜パンは冷蔵保存では乾燥してしまい、あまり美味しくありません。

おすすめの保存方法は冷凍保存です。

 

冷凍庫ですと2週間くらいは保存できます。

ただ、惣菜パンでも冷凍保存に向かないものもありますので注意してください。

冷凍保存に向いてない惣菜パンは、生クリームやマヨネーズが入っているパン、野菜やフルーツが入っているパンです。

生クリームは解凍した時に成分が分離したりしますし、野菜やフルーツは水分が出てしまってベチャベチャしてしまいます。

 

先述した「日持ちしないパン」に当てはまる惣菜パンが冷凍保存にも向かないということになります。

卵や生クリームを使ったパンは一番先に食べるようにしましょうね。

フルーツサンドとかは後回しにせず真っ先に食べたいところです。

 

惣菜パンの冷凍の仕方

1個ずつラップでぴったりと包んで、ジップロックなどの冷凍用保存袋に入れて冷凍します。

 

解凍は自然解凍のあとオーブントースターで軽く焼くと良いでしょう。

自然解凍でなくても、少し電子レンジで半解凍してからトースターを使う方法もあります。

 

食パンを冷蔵庫に入れてるの忘れて1ヶ月前のを食べてしまった!

 

惣菜パンの消費期限が短いというお話をしてきました。

では惣菜が入ってない食パンの消費期限はどうなのでしょうか。

 

消費期限を確認せずに冷蔵庫にあった食パンを食べてしまったら、後で腹痛に見舞われるのではないかとドキドキします。

1ヶ月前のなんて食べて大丈夫なのかと不安になりますが、食べるときにカビとかが無ければそんな心配することもありません。

かと言って、1ヶ月前のを気にせず食べて良いということではありませんので出来るだけ食べないようにしましょう。

 

基本的には食パンを冷蔵庫で保存すると、消費期限は1週間くらいに延びます。

変な臭いがあったりカビが生えてたりしてなければトーストして食べて大丈夫です。

 

食パンの保存は冷蔵庫ではなく冷凍庫へ

食パンの保存は冷凍庫にするのが正しいんですよ~。

冷蔵庫では水分が飛びやすくパサパサになりやすい上に、冷蔵庫の中のものの臭いが食パンに移ってしまうことがあります。

食パンは臭いが移りやすいのです。

 

冷凍庫での保存のしかたは、先ほどの惣菜パンのときと同じようにラップでしっかりくるんで冷凍庫に保存します。

パサパサにもなりませんし、臭いも移りません。

冷凍庫なら1ヶ月の保存も可能です。

冷凍した食パンの食べ方は、そのままトースターで焼いて食べると美味しいですよ。

まとめ

惣菜パンの消費期限と食パンの保存方法についてまとめました。

惣菜パンはできるだけ当日中に食べること、ウインナーやハムの惣菜パンは少し日持ちすることをお話しました。

焼きそばパンもちょっと長持ちします。

冷蔵庫に保存すると大体1週間は大丈夫ですが、冷蔵庫を過信しすぎず早めに食べ切ることが大切です。

あと、長めに保存するときは冷凍庫に保存しましょう。