スーパーで買ったお惣菜の消費期限っていつまで?次の日も食べていい?

スーパーで買ってくるお惣菜。
料理が苦手な私はよく利用させてもらってます。

あれもこれもと買ってると当然その日のうちには食べ切れず、次の日まで持ち越してしまします。

そんな時に気になるのが消費期限。

スーパーで買ってきた惣菜はいつまで食べられるか?翌日は大丈夫なのか?ってことです。

 

スーパーの惣菜を買って2日くらい過ぎた辺りは食べようかどうか悩みますよね。

捨てるのはもったいないし、できることなら食べ切りたいですもんね。

ここではスーパーで買ってきたお惣菜がいつまで食べて大丈夫なのかまとめました。

分かったのは基本的には当日に食べましょうってことです。

お惣菜の消費期限は常温では短い

お惣菜の消費期限はだいたい製造後24時間ほどです。

しかし、常温ではもっと短いと思っておいた方が無難です。

もちろん季節によりますが。

冬の寒い時期なら常温で置いておいても多少は大丈夫ですが、夏の時期だと常温で置いておいたものは次の日に食べるのは躊躇しますね。

保存するときは常温ではなく必ず冷蔵庫に入れるようにしましょう

冷蔵庫などに保存しておいたお惣菜ならば今日買ってきたものであれば、明日くらいまでは食べても大丈夫です。

私なら消費期限が1日過ぎたお惣菜のとんかつであれば食べてしまいますね。
もちろん臭いとか確認してからですけど。

ただ、子供には食べさせません。
やっぱり心配ですし。

それと、生魚や生肉を使っているものはやめておいた方が良いです。

ちなみに、冷蔵庫に保存する場合はお皿に移して入れた方がよく冷えるのでおすすめです。

お惣菜の種類による消費期限

早めに食べた方が良いもの
卵の入ったもの、マヨネーズを使ったもの、スパゲッテイ、刺身。

次の日までならいいかな
ひじき、佃煮、焼魚、煮物など醤油や砂糖が多めに入っているもの。

2,3日くらいいけるかな?
フライ、天ぷら、コロッケなどの揚げ物。

天ぷらも意外と危なくて、以前うちの母親が惣菜の天ぷらを数時間後に食べたらお腹壊してすごく辛そうにしてたことがあります。
油がちょっと傷んでたのかもしれません。

こういうこともあるので油断しないでいたいものですね。

お惣菜の消費期限の決め方って?

「消費期限」は期限を過ぎたら安全性を欠くことがあるので食べない方が良いよ~という意味です。

食品を製造または販売する業者が科学的、合理的な根拠の下に設定することになっています。

厚労省・農水省が出してる「食品期限表示の設定のためのガイドライン」ってのがありまして、「微生物試験や理化学試験及び官能検査の結果等に基づいて決定すること」とされてます。

これを近所のスーパーがやってるかっていうと、やる必要もなくて、実は業界団体が作成したガイドラインとか類似した食品の試験データを参考にして設定することができるのです。
それに加えて製造者の経験とか知識を加味して消費期限を決めてます。

 

もちろんチェーン店や店舗によるでしょうが、一応、消費期限の根拠はあります。

なの消費期限はきちんと守りましょう。

 

若い男性などは多少消費期限が切れてようが大抵のことは平気ですけど、体調の悪いときなどはやっぱり体を壊すので体が丈夫だと自覚があっても油断しないように。

それと、若いときは平気だったからといってその感覚のまま食べてしまうアラフォーの方たち!

私も年取って実感してますけど、こういうの弱くなってきますからほどほどにね。

まとめ

スーパーで買ってきた惣菜は基本その日に食べること。

特に生ものは必ず食べておきましょう。

焼いたものや揚げ物は1日2日の余裕はあります。
でも保存するときはしっかり冷蔵庫に入れておく必要があります。

 

スーパーで半額になってたお弁当を翌日の昼飯で食べて良いかどうか。

悩みますねえ。
こういうときはお弁当の中身を見て決めましょう。