ラピスラズリの誕生石は9月と12月どっち?答えは意外だった

ラピスラズリが何月の誕生石なのか人に尋ねても、人によって9月だったり12月だったりと答えがバラバラです。

どちらが正しいのでしょうか。

 

正解はどっちも正しいといえば正しいです。

何か中途半端な答えだなと思いますよね。

実は誕生石は国によって違うのです。

なので、国によってはラピスラズリが9月の誕生石であったり12月の誕生石であったりするのです。

その情報が混ざってどっちの月の誕生石とも言われるようになったのですね。

日本ではラピスラズリは12月の誕生石とされてる場合が多いです。

 

誕生石は国によって違う!

誕生石の元々の由来は聖書によるとの説があります。

そこから世界に広まっていったのですね。

今の誕生石を決めてるのは主に各国の宝石組合です。

 

これを耳にするとふ~ん、って感じがしますね。

はっきり言うと、宝石の販売促進で制定されたってことですね。

 

現在の日本での誕生石はアメリカで制定されたのが元になってます。

 

ということで日本ではラピスラズリは12月の誕生石となってます。

 

ちなみに、9月の誕生石はサファイアですね。

9月がサファイアと聞いてピンと来る方も多いのではないでしょうか。

 

ラピスラズリの特徴と名前の由来

ラピスラズリはアズライト、パイライト、カルサイト、ソーダライトなどの複数の鉱石の結晶で構成されてる石です。

この鉱物の配合されてる組み合わせによって石のニュアンスも変わります。

 

また、表面には無数に小さな穴が開いてるため水が染みこみやすいです。

そのため変色しやすいです。

 

名前の由来

ラピスラズリという名前はラテン語の「lapis(石)」とペルシャ語の「lazward(青または空)」から来ています。

日本では「瑠璃」と呼ばれてます。

瑠璃色という言葉はよく耳にしますよね。

ちなみに、「瑠璃」は6月の季語です。

12月の誕生石ラピスラズリの意味

ラピスラズリの意味は成長や向上、発展です。

自身を成長させ引っ張っていってくれます。

石言葉は
  • 成功の保証
  • 真実
  • 健康
  • 幸運
です。

また、星座では牡牛座、射手座、水瓶座の守護石でもあります。

 

ラピスラズリは幸運をもたらし、知恵を授けてくれます。

人格の成長を促し、決断力や洞察力を養う石でもあります。

また、ラピスラズリには邪気を退ける力があります。

憎しみ、嫉妬、怒りなどのようなネガティブな感情を祓い浄化します。

 

でも、だからといってラピスラズリを持ってるだけではダメだと思います。

石の力に頼らず、自分で成長しようとか、試練や苦境を乗りこえていこうという気持ちや姿勢を持ってこそ、幸せや成功が訪れるものだと思います。

 

12月の他の誕生石

12月の誕生石にはラピスラズリの他に、ターコイズとタンザナイトがあります。

それぞれの特徴を紹介します。

ターコイズ

ターコイズは水色の宝石です。

日本ではトルコ石とも呼ばれてます。

名前の由来はフランス語の「pierre turquoise」(=トルコの石)と言われています。

でも、名前にはトルコと付いてるのにトルコでは取れません。

この辺は面白いですね。

 

ターコイズの石言葉は、成功、繁栄、健やかな体、旅の安全などです。

石言葉に「旅の安全」とあるように、旅のお守りとして身に付けられてきました。

タンザナイト

タンザナイトはタンザニアにあるメレラニ鉱山でしか採れないという非常にレアな宝石です。

紫っぽい色の宝石ですが、見る角度や光の当たり具合によって見え方が変わるという神秘的な石です。

 

タンザニアで発見されたからタンザナイトなのでしょうかね。

あのティファニーが名付けたらしいですよ。

 

タンザナイトの石言葉は、誇り高き人物・高貴・知性・冷静・希望・神秘などです。

落ち着いた大人なイメージですね。

 

気持ちをリラックスさせて、冷静な判断ができるように力を与えてくれる石です。

 

アフリカでは、不幸を脱する石として大切に扱われてきました。

まとめ

ラピスラズリは日本では12月の誕生石と考える方が多数です。

9月説もありますが、9月はサファイアの存在感が大きいので日本ではあまりラピスラズリのイメージはありませんね。

また、誕生石が国によって異なるというのも勉強になりましたね。

12月の誕生日の子にはラピスラズリを贈ろうと思います。