還暦祝いに贈る赤いパンツの意味はあるの?由来やおすすめの商品を紹介

「還暦祝い」という言葉を聞いたことはあっても、実際何をしたらいいの?
赤いものならなんでもいいの?
還暦ってそもそもどういう意味なの?

という感じで、実際に還暦を迎える方がいないと中々知らないですよね。。

 

簡単に説明をしますと、

還暦祝いとは、干支が一巡した満60歳をお祝いすることをいいます。

家族で集まって食事会をし、還暦祝いを渡すことが一般的です。

 

還暦のプレゼントとして赤いものを贈りますけど、還暦祝いは赤い色ならなんでもいい!ということではありません。

還暦には赤いパンツを贈るって聞いたことありませんか?
あれにもちゃんと「長生きしてね」という意味がこめられているんですよ。

還暦祝いになぜ赤いものを贈るのか、どんなプレゼントが喜んでもらえるのか解説していきます。

還暦祝いに赤いものを贈るのはなぜ?

還暦とは先ほどもお伝えした通り、干支が一巡した「満60歳」をお祝いすることをいいます。

人生の区切りをお祝いしようという意味があります。

今までの感謝をし、今後も活躍すること、もちろん健康も家族でお祝いましょうね。

 

さて、なぜ赤いものを贈る習慣があるのかというと…

赤色は幸運を招く色とされているからなんですね。

また神聖な色ともされています。
分かりやすく言うと、神社の鳥居とか赤色ですよね?

 

赤いものを贈る意味として、赤のパワーでますます元気に!長生きしてねという願いが込められています。

赤には厄除けや魔除けの効果があるといわれ、昔は産着に赤が使用されてたんですよ!

赤の力ってすごいですね!

なぜ還暦祝いに赤いパンツを贈るの?

よく勝負時には赤いパンツを履く!という方いませんか?

芸能人の方でも、何人か収録日には赤いパンツ履くという方いるそうです。

 

それにもちゃんと意味があって、丹田(おへその下のツボ)に効果があり、開運に良く、体調が良くなると言われているからなんですね。

そのため、赤いパンツがお祝い時には人気なのかもしれませんね。

東京巣鴨には赤いぱんつだけを販売している、「赤いぱんつ専門店」があるんですよ!店の中一面赤色です!

さすがおばあちゃんの原宿と呼ばれるだけありますね。

 

パンツ以外にオススメな還暦祝いを紹介していきます。

還暦祝いにぴったりのプレゼント!赤色のおすすめ商品を紹介

還暦祝いといえば、赤いちゃんちゃんこです!

よく写真とか見ますよね。

ですが、中には年寄扱いされていて不快と思い嫌がられる方もいます。

まあ、いまどき赤いちゃんちゃんこって…って感じなのかも知れません。

 

なので、オススメな還暦祝いを何点かお教えします!

  • 赤い洋服
    赤い色のポロシャツやTシャツなら普段使いもできるので良いですよ。
    赤いちゃんちゃんこの代わりに、還暦祝いの場でその場で着ることもできます。

    真っ赤な服に抵抗ある方には、赤色が使われたデザインのものでも良いです!

  • マフラーやストール
    冬だったら使えるアイテムなので、オススメです。
  • お茶碗
    お茶碗なら赤くて抵抗あるなんてこともなく、使えるアイテムですね。

 

赤いものを紹介させていただきましたが、プレゼントは、絶対に赤いもの!という決まりはありません。

日頃で使いやすい実用的なものや、旅行なども贈り物として人気ですよ。

また、渡すタイミングとしては、直接手渡しがいいです!

家族みんなが集まれる日がよいでしょう。

お祝いする日が決まっていればその日、または60歳の誕生日、お正月・お盆など帰省し直接会えるときには渡しましょう!

還暦祝いにあげてはいけないものはあるの?

還暦祝いの意図として、「これからも元気に長生きしてね!」がありますので、年寄り扱いしたものはNGです!

老眼鏡や杖など、一見便利であってもお渡しするのはオススメしません。

 

仕事に使う道具なども避けましょう。

まだ働かないといけないと連想をさせてしまいますので辞めておきましょう。

まとめ

還暦のお祝いは、お祝いを渡すことが目的ではありませんが、赤いものを渡す理由や、赤色の効果を知っていると知らないとでは、贈り物選びの仕方が変わってきそうですね!

私のオススメ紹介も参考にして考えていただいて、あなた自身で素敵な還暦祝い選んであげて下さいね。

一番大切なのは、「今までありがとう、お仕事お疲れ様いつまでも元気で長生きしてね!」という気持ちを伝えることです。

 

私も義父が来年還暦を迎えます。

派手な装飾品は嫌がると思うので、紅白まんじゅうや美味しい和菓子ををあげようと思います。

あんこが好きなので。

 

その人のことを想って、選べばなんでも嬉しいものですよね。

還暦のお祝いを楽しく過ごせますように。