還暦祝いは誕生日前にしてもいい?ベストな日取りについて解説します!

還暦祝いって何回も経験するもんではないですからやり方ってよく知らないですよね。

といっても、還暦祝いが「60歳にお祝いをすること」ということは知ってると思います。

私も最初はそれくらいの知識しかありませんでした。

還暦祝いはいつやった方がいいのか?

避けた方がいい日とかはあるのか?

と、疑問に思う方も多いかと思います。

結論から言います。

「この日にお祝いしないとダメ!」という決まりはありません!

ただ避けた方がいい日はありますので、下記と合わせてご紹介しますね。

還暦祝いはいつするのがベストなのか?

気を付けることはあるのか?

これから還暦祝いをしようと思っている方はぜひ参考にして下さい。

還暦祝いに最適な日取りはいつ?

還暦祝いはいつでも大丈夫と冒頭でお話しました。

でも、皆はどうしているのか?誕生日前後は関係あるの?

そういう疑問をみんな持ちますよね。

一般的には「60歳の誕生日にお祝いする」ことが多いです。

ですが、家族のタイミングがなかなか合わない時もありますよね。

もしも誕生日当日に予定が合わず、家族が集まれない場合は、前後の休日などにずらしてお祝いをしましょう。

必ず誕生日にお祝いするのではなく、家族が集まれる日で考えた方がよさそうですね。

もちろん誕生前後でなくても問題ありません。

比較的に家族が集まりやすい日でいいんです。

一番分かりやすい日が、お正月・ゴールデンウイークなどですね。

長期休みで集まりやすいのではないでしょうか?

還暦祝いを控えているのならば、一度家族でいつなら予定が合うかを前もって確認した方がよさそうですね。

60歳で定年退職される人も多いので、還暦祝いと定年退職祝いを一緒に行うのもいいかと思います。
まあ、65歳が定年の方も最近は多いですが…。

ダブルでお祝いするのも豪華でいいですね!

きっと喜んでくれると思います。

大切なお祝いごとの日に「大安」を選ぶ人も多いかと思いますが、還暦祝いは大安にこだわる必要はありません。

 

また、お盆は先祖のお墓参りを行う日だから、この日に還暦祝いをやって大丈夫なの?と疑問を持つ方もいますが、お盆にお祝いをすることに何も問題ありません。

お盆は、あくまでも先祖の霊を迎えて供養する日です。

ただ一点だけ注意してほしい日をあげると、忌中や喪中など身内の不幸があった場合は、少し日にちをズラすようにしましょう。

お祝いする日ではなく、家族でお祝いすることが大事です!

還暦祝いはいつ渡すのがいい?

では次は、還暦祝いはいつ渡すのがいいのか?

還暦祝いをする当日?それとも誕生日がいいの?

その質問にお答えします!

還暦祝いのプレゼントも、還暦祝いの日と同じように渡す時期に決まりはありません。

ですが、還暦祝いと同じく60歳の誕生日に贈る方がほとんどです。

では誕生日以外に渡す日はいつか?を調査すると、お祝いごとの日である、父の日、母の日、正月などの、家族で集まることがある日に渡す方が多いようです。

自分ぜひ参考にしてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は還暦祝いをする日程について、お祝いを渡すタイミングについてお話をさせていただきました。

昔は60歳は長生きとされていたそうですが今では普通に迎えられる行事になりました。

最近では60歳はまだまだ若いですもんね。

健康に還暦を迎えられることは素晴らしいことです。

還暦のお祝いは、絶対に守らなければならないルールが無いというのも意外でしたね。

何かしら決まりがあるのかと思ってました。

決まったルールはありませんでしたが、家族で集まれて、皆でお祝いすることが一番大切なことだと分かりました。

家族が多い場合は、早めに日程調整しておけば、間際になって焦ることもないですよ。

予定をしっかり立てて、還暦迎えた方に喜んでもらえる還暦祝いにしましょうね。