金沢まつり花火大会2023年の屋台情報!アクセスと交通規制と駐車場
本ページはプロモーションが含まれています

金沢まつり花火大会2023年の屋台情報!アクセスと交通規制と駐車場

金沢まつり花火大会は、横浜市金沢区の海の公園で毎年8月の第4土曜日に行われる人気のイベントです。

海水浴場で打ち上げられる約3500発の花火は、夜空を彩るスターマインやキャラクター花火など見どころ満載です。

海の公園周辺には八景島シーパラダイスや金沢動物園などの観光スポットもありますので、一日中楽しめるエリアです。

 

この記事では、金沢まつり花火大会の屋台情報やアクセス方法、交通規制や駐車場についてご紹介します。

 

金沢まつり花火大会2023の屋台は?

金沢まつり花火大会では、会場となる海の公園周辺、南口の休憩所と紫口の休憩所あたりに屋台が出ます。

店舗数は20店ほどです。

定番の焼きそばやたこ焼き、かき氷やわたあめなどのお祭りグルメなどはもちろん、じゃがバターや焼き鳥、タピオカなども出店してました。

 

金沢まつり花火大会2023へのアクセス

金沢まつり花火大会への行き方です。

公共交通機関を利用するのをおすすめします。

・電車で行く場合

横浜シーサイドラインを利用すると便利です。

海の公園南口駅か海の公園柴口駅から徒歩2分程度で会場に着きます。

また、八景島駅からも徒歩5分程度で会場近くまで行けます。

京急本線を利用する場合は、金沢文庫駅からバスで約15分か徒歩で約20分です。

 

・車で行く場合

駐車場もありませんので車での花火見物はおすすめしません。

近隣のパーキングに停めて公共交通機関に乗り換えることをおすすめします。

 

金沢まつり花火大会2023の交通規制

金沢まつり花火大会の交通規制についてです。

横浜市金沢区のホームページより引用

交通規制の時間:午後6時30分から午後9時(予定)

海の公園周辺の道路や市道が通行禁止となります。

 

 

金沢まつり花火大会2023はいつから?日程や打ち上げ場所

金沢まつり花火大会の日程詳細については、以下の表にまとめました。

項目内容
開催日2023年8月26日(土)
開催時間19:00~20:00(予定)
開催場所海の公園
打ち上げ数約3500発
荒天の場合荒天時中止
予想来場者約25万人
アクセス方法横浜シーサイドライン「海の公園南口駅」か「海の公園柴口駅」から徒歩2分。
料金有料席なし
主催金沢まつり実行委員会事務局
お問い合わせ045-788-7801 FAX045-788-1937
当日の実施確認 050-3159-6791(当日9時から)
ホームページ横浜市ホームページ

 

金沢まつり花火大会2023の有料席は?

金沢まつり花火大会には有料観覧席は設置されません。

ですので予約などもありません。

花火が見やすい穴場から鑑賞することになります。

金沢まつり花火大会2023の穴場

金沢まつり花火大会を楽しめるスポットです。

 

海の公園砂浜の芝生

打ち上げ場所でもある海の公園の砂浜です。

運よく場所が取れたら絶好の鑑賞スポットになります。

ただし、前日からの場所取りは禁止されてますのでマナーを守って鑑賞しましょう。

 

八景島

海の公園から海を隔てた島です。

花火を海の公園とは反対側から見ることになります。

 

野島公園

「野島公園」駅から徒歩5分で行けます。

 

海抜57mの野島山、展望台、バーベキュー場、キャンプ場、野球場などの施設があります。

 

金沢動物園

京浜急行・金沢文庫駅から京急バス「野村住宅センター」行「夏山坂上」下車徒歩6分。

花火の打ち上げ場所からは少し離れた山の手にあります。

花火はよく見えますよ。

まとめ

金沢まつり花火大会の屋台や日程、打ち上げ場所、交通規制についてまとめました。

駐車場などは用意されませんし、交通規制もされるのでマイカーでの来場はおすすめしません。

 

無料でどこからでも楽しめるので家族連れでぜひ楽しんでほしいですね。

テキストのコピーはできません。