本ページはプロモーションが含まれています

利根川大花火大会2023の交通規制・チケットなしで屋台は?駐車場情報とアクセス

関東でも有数の花火大会である利根川大花火大会についてご紹介します。

利根川大花火大会は、茨城県境町の利根川河川敷で開催されます。

約3万発の花火がや音楽花火で大輪の花が楽しめる花火大会です。

 

ニコニコ動画で生中継もされます。

 

この記事では、利根川大花火大会2023の交通規制やチケット、屋台や駐車場情報、アクセスと穴場スポットなどをまとめてお伝えします。

利根川大花火大会2023の交通規制

利根川大花火大会の花火大会当日は会場周辺で交通規制が行われます。

利根川大花火大会ホームページより引用

 

交通規制は、午後4時から午後9時30分まで行われます。

この時間帯は、会場周辺であるリバーサイドパーク周辺の道路や国道354号線が通行止めになります。

上図の赤線の部分です。

 

花火打ち上げ前後は大渋滞しますので16時までには会場に到着しておくのがおすすめです。

また、帰りは混雑を避けた23時以降がゆったり帰れます。

利根川大花火大会2023の屋台や出店は?

利根川大花火大会での屋台は、さかいリバーサイドパークに100店舗ほど出店しています。

 

キッチンカータイプのお店や地元の有名店からの出店も多く、昨年買ったところはどれも美味しかったです。

焼きそば・たこ焼き・焼きそばなどの定番メニューから唐揚げ・タン塩串・ベビーカステラ・かき氷まで様々な味が楽しめます。

 

無料のエリアでも出店してますので有料観覧席のチケットなしでも屋台を楽しめますよ。

 

 

利根川大花火大会2023のアクセス

利根川大花火大会へのアクセスです。

電車

JR古河駅または東武鉄道・東武動物公園駅から境車庫行きのバスで約40分、境町バス停下車徒歩3分。

 

圏央道・境古河ICから県道17号を境町役場方面へ車で約10分です。

自動車で行く場合は交通規制の情報もチェックしておきましょう。

 

鉄道が通っていない地域なので、車で来る場合は早めに会場入りすることをおすすめします。

 

その他、有料チケット購入者のみ対象に臨時バスも運行されます。

 

 

 

利根川大花火大会2023の駐車場は?

利根川大花火大会では無料の駐車場は設置されません。

 

有料の駐車場がいくつかあります。

公式の有料駐車場と一般の有料駐車場があります。

公式の有料駐車場は前売り券を購入した人だけが予約できる駐車場ですので有料席のチケットを持ってない人は利用できません。

 

一般の有料駐車場は8月18日から予約受付開始です。

軒先パーキングという駐車場予約サイトで予約できます。
↓↓
利根川大花火大会の駐車場を見てみる

有料観覧席のチケットを持ってない方は公式の有料駐車場を予約しないよう注意してください。

 

利根川大花火大会2023の日程や打ち上げ場所は?

利根川大花火大会の日程詳細は以下の通りです。

項目 内容
開催日 2023年9月16日(土)
開催時間 18:00~20:00(開会17:30)
打上数 約3万発
打上時間 約120分
開場時間 11:00開場
打ち上げ場所 茨城県境町利根川河川敷
荒天の場合 翌日9月17日(日)に順延
予想来場者数 20万人
最寄駅 JR古河駅か東武鉄道・東武動物公園駅から境車庫行きのバスで約40分
車でのアクセス  
有料席チケット 5,000円~
主催  
お問い合わせ 0280-81-1319 境町観光協会
ホームページ https://www.sakai-hanabi.com/

 

利根川大花火大会の有料観覧席情報は以下の通りです。

席種 席区分 一般販売価格 備考
プレミアム
テーブル席
指定席 60,000円 4名定員
(テーブル1台・椅子4脚)
テーブル席 指定席 40,000円 4名定員
(テーブル1台・椅子4脚)
カメラマン指定席 指定席 15,000円 椅子1脚
カメラマン自由席 自由席 8,000円 レジャーシートが必要
椅子席 指定席 8,000円 椅子1脚
ニコニコエリア 自由席 5,000円 レジャーシートが必要
駐車場付きマス席
(関宿エリアのみ)
指定席 30,000円 6名定員
(専用駐車場1台付き)

有料席の開場時間は午前11時です。

チケットはCNプレイガイドで発売されます。

チケット情報 | 【公式】茨城県境町 第36回利根川大花火大会
約3万発の花火が夜空を彩る「茨城県境町 第36回利根川大花火大会」が2023年9月16日(土)に開催されます。境リバーサイドパーク(利根川河川敷)を舞台に、四大花火師の饗宴も見逃せない!

一般販売は2023年8月2日(日)10:00~9月16日(土)20:00です。

 

※すでに完売です。

 

利根川大花火大会の有料観覧席チケットはふるさと納税の返礼品としてもゲットできます。

他の席も残ってる場合がありますのでチェックしてみてください。

ふるさと納税でのチケット申し込み期限は8月29日です。

 

また、五霞町の観覧席を申し込む方法もあります。

五霞町では有料席の他に無料エリアもあります。

町民以外の有料指定席、駐車券は8月23日受付開始です。

無料エリアの入場チケット受付は8月24日からです。

詳細は五霞町のホームページをご覧ください。

 

利根川大花火大会のチケットなしで見られる穴場スポット5選

有料観覧席チケットを持ってなくても、無料でも素敵な花火が見られる穴場スポットがあります。

ここでは、利根川大花火大会の穴場スポットを5つご紹介します。

 

境香取神社

花火の打ち上げ場所からも近い境町にある神社です。

地元の人には有名な穴場スポットで、視界を遮るものもなく花火をバッチリ見られます。

御朱印でも人気があり、花火などをあしらった特別な御朱印もあります。

御朱印を集めている方は、早めに出向いて御朱印を受け取るのも良いですね。

トイレもあります。

 

さくらの森パーク

境町にある公園です。

花火の打ち上げ場所からは少し離れたところにあります。

駐車場やトイレがあります。

自然豊かな場所なので、虫除けグッズ必須です。

 

道の駅さかい

花火の打ち上げ場所から1kmほど離れた境町にある道の駅です。

少し離れてますが、その分ゆったりと見ることができます

道の駅なので、ご当地グルメや名産品も楽しめますし、駐車場もあります。

トイレもあります。

 

道の駅ごか

境町のとなりの五霞町にある道の駅です。

花火の打ち上げ場所からは2.8kmほど離れてます。

遠目の花火ですが、その分混雑も少なくゆっくり鑑賞できます。

駐車場も広いです。

道の駅ですので野菜直売所、レストラン、トイレもあります。

 

 

中の島公園

隣町の五霞町にある公園ですが、花火の打ち上げ場所からは500mほどしか離れてません。

近すぎず遠すぎずという感じで穴場です。

広い公園なので、レジャーシートを敷いてゆっくりと花火を楽しめます。

トイレもあります。

 

夏のお祭りには虫よけグッズは必須です。

かゆすぎて花火に集中できなかったら楽しみも半減ですもんね。

 

 

利根川大花火大会2023の混雑状況

利根川大花火大会は約20万人もの人が訪れます。

花火打ち上げの1時間前からは、道路やバスや電車などが混み合います。

16時までには会場に着くようにしましょう。

車で来場する場合は、16時までには到着しておくか、会場から離れた場所に駐車して、バスや電車を利用することをおすすめします。

16時までには駅に到着しておくか、時間をずらして帰ることをおすすめします。

 

屋台も花火打ち上げ前後は長い列ができます。

屋台をゆっくり楽しみたい方は16時頃までに行くとよいでしょう。

 

 

まとめ

利根川大花火大会2023のアクセスやチケット、屋台や駐車場情報、交通規制と穴場スポットなどをまとめました。

家族で行ってもカップルで行っても楽しめる花火大会です。

 

かなりの混雑が予想されますので現地には早めに到着しておくのをおすすめします。

また、公園などで花火鑑賞する場合は虫よけグッズなども用意していった方がいいですね。

 

また、利根川大花火大会はニコニコ生放送で生配信されます。

家でのんびり鑑賞もできますね。

 

実力派花火師たちの夢の競演が楽しみですね。

テキストのコピーはできません。