昔の携帯電話番号は10桁!ケータイ030時代からの変遷を古い順に

今の携帯電話の電話番号は090から始まる11桁の番号です。
最近手に入れた人なら080から始まる番号の方もいますね。

090から始まる番号は入手しにくいだとか、持ってるのは大体がおじさんだとか色々言われてますが。

今から20年以上前のケータイは主に030から始まる10桁の番号でした。

携帯番号が10ケタだった時代には030の他に080が出てきたりと、次から次へと新しい番号が出てきました。

この記事ではそんな携帯番号の変遷をまとめました。

携帯番号が10桁だった時代

 

私が携帯を持ち始めたのは1996年、平成8年でした。
あの当時は携帯電話の番号が10桁だったんです。

今のような11桁になったのは1999年です。
平成11年に11桁になりました

ウサギのコマーシャルを覚えてます。
♪ケ~タイPHS11ケタ~って歌ってましたわ。

そう、PHSも同時に11桁になりました。

当時、携帯電話は030で始まる番号でした。
そして050がPHS。

携帯電話が普及しだして番号が030だけで足りなくなってくると、
080も携帯電話の番号に追加されるようになります。

私が初めて携帯電話を持った時は080でした。

ちなみに、携帯が普及し始めた当時の番号は固定電話のように045-012-3456という表記にならって

030-123-4567

と一般的には書かれてましたが、当時のドコモの請求書や領収書の契約番号の欄には

030-12-34567

という書かれ方をしてましたね。

遠方にかける際は番号を変える必要があった

あの頃は、遠方の人の携帯電話にそのままの番号でかけると繋がりませんでした。
030を040に変えてかけなければならなかったのです。

080の人には090に。

つまり、

030-○○○××××

040-○○○××××

にわざわざ変えて電話しないと繋がらなかったんです。

160キロ以上離れてるとそれが必要でした。
遠方にいる人に030~のまま電話をかけると「030を040に変えて、おかけ直しください」という感じの音声が流れてました。

まあ、番号を変えて電話をかけるといっても手打ちで040と打つわけではなく、
ボタン一つで030が040に変わる機能がついてました

携帯電話番号を古い順に並べると

その160キロの制限が無くなったのが平成8年(1996年)。

その頃に010~が出現。
その後すぐに、020、040が出てきました。

古い順に並べると

030→080→010→020→040

という順番になります。
(050、070はPHSの番号でした。)

通話料金もあほみたいに高かったですね。
よっぽどの用事でもない限りかけることは少なかったです。

11桁になった時の番号の変化

10桁の電話番号が11桁に変更になった時は当然みんなの電話番号が変わる事になりました。

どのように変わったかというと、

030-○○○××××→090-3○○○××××

080-○○○××××→090-8○○○××××

という感じになりました。

PHSは

050-○○○×××× →070-5○○○××××

ちなみに、携帯の番号が11桁になったと同時に大阪の固定電話の番号も11桁になりました。

06-123-4567だったのが

06-6123-4567に。

という風に市内局番の頭に6が付け加えられるようになりました。

通話料金は安くなりました

今では携帯の通話料金は安くなり、定額でかけ放題というのが主流。

PHSの優位もなくなり、消えつつあります。

通話料金が安くなった時代なのに、メールが発達し、やがてLINEなどのスマホの通話アプリの進化もあったお陰で、
電話回線で通話する事がほとんど無くなったのは皮肉なもんです。

通話料金は安くなったけどスマホ本体が高いわ。

携帯の番号も090~だけでは足りなくなって080~の番号も出てきてます。
いつ頃からなのかと調べてみたら平成14年からでした。

2002年です。

意外と昔から出てきてたんですね。

090と080についてはこちらにもまとめました。
↓↓
携帯の090と080の違いは?

 

 関連記事