ABCお笑いグランプリの歴代優勝者とABCお笑い新人グランプリからの歴史

関西のお笑い賞レースはいくつかありますが、ABCお笑いグランプリは前身大会を含め40年以上の歴史を持つ大会です。

過去の最優秀新人賞や優勝者には今をときめくスターがたくさんいます。

そのABCお笑いグランプリの歴代優勝者をまとめました。

ABCお笑いグランプリの歴代優勝者

大会名がABCお笑いグランプリとなってからの優勝者一覧です。

回(開催年)優勝者結成優勝賞金
33(2012年)かまいたち2004年300万
34(2013年)ジャルジャル2003年
35(2014年)天竺鼠2003年
36(2015年)GAG少年楽団(現・GAG)2006年
37(2016年)セルライトスパ2009年100万
38(2017年)霜降り明星2013年
39(2018年)ファイヤーサンダー2014年
40(2019年)エンペラー2011年
41(2020年)コウテイ2013年

まさに次世代のコンビ達が受賞してますね。
中には伸び悩んでる方々もいますが…。

前身の大会での最優秀新人賞組も掲載します。

ABC漫才・落語新人コンクール時代の最優秀新人賞

回/開催年最優秀新人賞
漫才の部落語の部諸芸の部
1/1980年前田一球・写楽桂雀三郎部門なし
2/1981年ミヤ蝶美・蝶子桂雀々
3/1982年宮川大助・花子笑福亭鶴志
4/1983年トミーズ桂都丸(現・桂 塩鯛)
5/1984年ダウンタウン桂小枝
6/1985年ちゃらんぽらん桂喜丸
7/1986年非常階段桂枝女太
8/1987年どんきほ〜て桂花枝(現・桂 あやめ)
9/1988年ヤンキース笑福亭三喬(現・7代目 笑福亭 松喬)ミモ・ファルス

今では大御所となってる方々ですね。

ちゃらんぽらん好きだったのに解散してしまいましたね~。

ちなみに「どんきほ~て」は今の「かつみ♡さゆり」のかつみさんのコンビです。
「ヤンキース」は長原成樹さんのコンビでした。

ABCお笑い新人グランプリのときの最優秀新人賞

回/開催年最優秀新人賞
10/1989年
月亭かなめ・ぜんじろう
11/1990年ベイブルース
12/1991年TEAM-0
13/1992年
ナインティナイン
14/1993年
やるじゃねぇかーず
15/1994年ますだおかだ
16/1995年
海原やすよ・ともこ
17/1996年中川家
18/1997年ハリガネロック
19/1998年COWCOW
20/1999年Over Drive
21/2000年
フットボールアワー
22/2001年キングコング
23/2002年レギュラー
24/2003年チョップリン
25/2004年千鳥
26/2005年アジアン
27/2006年とろサーモン
28/2007年鎌鼬(現・かまいたち)
29/2008年ギャロップ
30/2009年天竺鼠
31/2010年
モンスターエンジン
32/2011年
ウーマンラッシュアワー

Wikipediaを参考に作成

今テレビで活躍してる人がほとんどですね。

半分以上のコンビの名前が分かるのではないでしょうか。

TEAM-0は月亭方正さん(山崎邦正さん)のコンビでした。
TEAM-0の漫才はこの大会で初めて見ましたけど面白かった記憶があります。

また、今をときめくかまいたちですが前は漢字表記だったんですよ。

ABCお笑いグランプリの歴史

1980年の第1回から1988年(第9回)までABC漫才・落語新人コンクールでした。

1989年の第10回大会から2011年(第32回)までABCお笑い新人グランプリとなります。

2012年の第33回から現行のABCお笑いグランプリとなりました。
審査の方法などもM-1グランプリに似た形式となりました。

初めてこの形式になってから視聴したときそう思いましたわ。

まあ、制作局が同じですから当たり前っちゃ当たり前ですが。

 

もともと成人の日や1月末に開催されてた大会ですが、2015年12月にM-1グランプリが復活しましたので、それに伴い第37回大会(2016年)からは開催時期が夏に変更され今に至ります。

ABCお笑いグランプリの出場資格

ABCお笑いグランプリの出場資格は「デビュー10年以内全国で活動している全ての若手ピン芸人・お笑いコンビ・お笑いグループ」となります。

コンビ結成10年以内ではなくデビューから10年以内ですので新コンビでも今のコンビを組む前に活動してて芸歴が10年を超えていたら出場できません。

前身大会のABCお笑い新人グランプリまでは「関西中心に活動している結成5年以内のコンビ」に出場資格は限られてました。
これもM-1グランプリ休止に合わせての変更だと思われます。

この芸歴が伸びたことにより番組の中で演じられる演芸は面白くなりました。
当たり前ですが。

賞金の推移

ABCお笑い新人グランプリ時代は最優秀新人賞の商品は50万円と海外旅行でしたが2006年の第27回大会から100万円と海外旅行になりました。

ABCお笑いグランプリになった第33回には優勝賞金は300万円になりましたがそれも第36回までで第37回大会からは100万円に減額されました。

賞金300万円の時代に優勝した、かまいたち・ジャルジャル・天竺鼠・GAGはラッキーでしたね。

ABCお笑いグランプリの歴代優勝者まとめ

歴代優勝者を眺めてて気づいたのは、かまいたちと天竺鼠が2回優勝してることです。

普通は新人賞を2回獲るのはありませんが、大会のシステムが変更になったことで出場が可能になり再び戴冠者となりました。

また、ABCお笑いグランプリはM-1グランプリが一時休止になった際は代替大会の一面も持ってたと思います。
2010年にM-1グランプリが休止になった時には賞金を増額し、上方芸人だけだった参加資格を全国に拡大しましたから。
また、2015年のM-1グランプリ復活の際は開催時期をM-1グランプリとかぶらないように1月から夏へ変更しました。

これもM-1グランプリとABCお笑いグランプリの主催者が同じABCだから柔軟に対応できたのではないかと思います。

放送は従来から関西を中心としたローカル放送です。
しかし2020年大会をはじめ近年はABEMAで配信され、全国でリアルタイムに見られるようになりました。
全国のお笑いファンの楽しみが増えましたね。