M-1グランプリの予選や準決勝の審査員はマニアなら知ってるあの人だった

年末恒例の漫才コンテスト・M-1グランプリ。

決勝の審査員の顔ぶれはみなさんご存知の面々の芸人さんたちです。

しかし、予選の1回戦や2回戦、準決勝などの審査員は誰が務めてるのでしょうか。

予選の審査がおかしいなどという声もたまに聞かれたりもする審査員。

実はあまり公にされないのですが放送作家さんが審査員を務めてらっしゃいます。

M-1グランプリ予選の審査員で判明してるのは2人

予想では色々言われてるかもしれませんが、はっきりとしたソース(根拠)があって、この人が審査員です!と言えるのはお二人だけです。

前田政二さん

元漫才コンビ、銀次・政二の政二さんです。
「オレたちひょうきん族」では何人トリオの一員として活躍されてました。

何人トリオと聞いたら「ああ、あの人か」と分かる世代の方もいると思います。

 

NSC1期生であり、ダウンタウンやハイヒールと同期です。

現在は放送作家やNSCの講師として活動されてます。

昔はよくテレビで見てました。

「もしかして花月」という舞台コメディが私が初めて前田政二さんを認識した番組です。

なぜ前田政二さんがM-1グランプリの審査員だと分かったかと言いますと、あるテレビ番組でそのエピソードが出たからです。
 
関西テレビの「千原ジュニアの座王」#140(2020年12月12日放送)です。
 
ラランドのサーヤさんが前田政二さんのことをネタで名前を出したときに、テロップで「M-1グランプリ準決勝の審査員」と出てました。

倉本美津留さん

昔から関西のバラエティ番組の構成などをされてる放送作家さんです。

「ごっつええ感じ」とか「HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP」などのダウンタウンの番組を始め色んな人気番組を担当されてました。

倉本美津留さんのブログでM-1グランプリの審査について言及されてる記事があります。

審査は三回戦まできました。
真剣に審査してます。
未来のスターを生み出すM1は
人の人生に関わります。
こちらも真剣です。

出典:https://ameblo.jp/kuramotomitsuru/entry-12544243313.html

とか

審査は命がけです。
地上波にのっかる一握りを
審査していくことはどんなに責任が重いことか。

出典:https://ameblo.jp/kuramotomitsuru/entry-12636905199.html

 

人の人生を左右する仕事ですからね。

そんな仕事に対する苦悩が感じられますね。

M-1グランプリ予選の審査はおかしい?

あんな面白いコンビが落選するなんてとか、あのコンビ全然おもんないのに何で通過してるの?などという声も聞かれたりします。

あまりにも予想外の結果だと「誰が審査員やってんねん!」って思いがちです。

しかし、実際の当日の現場での出来とか受け方とかもありますから勝手なイメージで審査員を批判するのもどうかと思います。

先ほどご紹介した倉本美津留さんのブログにもあるように審査員さんも真剣に審査しておられます。

笑いのツボは千差万別。

人によって面白いと思うことは違いますから人の感性をあまり否定しないほうがよろしいと思います。
こんなことを言うと元も子もなくなりますが…。

まとめ

今回ご紹介した2名は昔からのお笑い好きな人、バラエティ番組が好きな人にはお馴染みの方々だったと思います。

言われてみればそうですよね~となる人たちです。

 

これは私の想像ですが、審査員は恐らく5名ほどなんじゃないかと思います。

構成作家とテレビ局の人とかで審査してるんじゃないかなと。

だいたいの漫才コンテストも勝ち上がり段階ではそんな形で行われてるようですので。

 

また判明しましたら追記していきたいと思います。