本ページはプロモーションが含まれています

M-1グランプリの歴代準優勝と司会・視聴率や敗者復活戦

年末の漫才コンテスト・M-1グランプリ。

この番組で活躍すると一躍スターダムにのし上がれる、芸人さんにとっては夢の舞台です。

優勝者はたくさんのメディアに取り上げられて有名ですが、惜しくも敗れ去った準優勝者は経歴としてはあまり取り上げられません。

現在テレビなどで活躍されてるコンビも多いM-1グランプリの歴代の準優勝コンビをまとめました。

また、歴代の司会者や視聴率についてもまとめました。

 

M-1グランプリの歴代準優勝コンビ

M-1グランプリの準優勝と3位の漫才コンビを年代順に紹介していきます。

2001年

準優勝:ハリガネロック

3位:アメリカザリガニ

 

最終決戦 中川家6票ーハリガネロック1票

優勝の中川家は第1回M-1の優勝コンビということで今でも語り継がれてますが、この当時はМ-1と言っても今ほどの知名度はなく、準優勝のコンビはあまり知られていません。

第1回М-1で準優勝だったハリガネロックは中川家と同期のコンビで、関西の賞レースでもタイトルを獲るなどの実力者でした。

ABCお笑い新人グランプリの最優秀新人賞とNHK上方漫才コンテストの最優秀賞を受賞しています。

 

翌年のМ-1グランプリ2002でも決勝進出しましたが5位に終わりました。

 

現在は解散しています。

 

2002年

準優勝:フットボールアワー

3位:笑い飯

 

優勝はますだおかだでした。

最終決戦は

  • ますだおかだ 5
  • フットボールアワー 2
  • 笑い飯 0

でした。

準優勝のフットボールアワー、3位の笑い飯、ともに後の王者の片鱗を見せてますね。

 

2003年

準優勝:笑い飯

3位:アンタッチャブル

 

優勝はフットボールアワーでしたから、1年前の第2回М-1の2位、3位がそのままスライドして1位、2位となった形になりますね。

 

2003年の笑い飯は奈良県立歴史民俗博物館のネタで当時の最高得点99点を獲得し、優勝に肉薄しました。

最終決戦もフットボールアワーと4対3でしたから。(アンタッチャブルは0票)

あのネタは歴史に残る名作だと思います。

 

2004年

準優勝:南海キャンディーズ

3位:麒麟

優勝は前年3位のアンタッチャブルでした。

最終決戦

  • アンタッチャブル 6
  • 南海キャンディーズ 1
  • 麒麟 0

 

2005年

準優勝:笑い飯

3位:麒麟

 

笑い飯は2回目の準優勝、麒麟は2年連続の3位です。

優勝はブラックマヨネーズでした。

最終決戦は

  • ブラックマヨネーズ:4
  • 笑い飯:3
  • 麒麟:0

笑い飯はまたもや1票差で涙をのみました。

 

2006年

準優勝:フットボールアワー

3位:麒麟

 

2003年の第3回大会優勝のフットボールアワーが3年ぶりにM-1に出場し準優勝でした。

麒麟は何と3年連続3位。

 

優勝はチュートリアル。

7票満票での優勝でした。

 

2007年

準優勝:トータルテンボス

3位:キングコング

 

優勝は敗者復活戦から勝ち上がったサンドウィッチマンです。

最終決戦は

  • サンドウィッチマン:4
  • トータルテンボス:2
  • キングコング:1

でした。

 

2008年

準優勝:オードリー

3位:ナイツ

 

優勝はNON STYLE。

最終決戦は

  • NON STYLE:5
  • オードリー:2
  • ナイツ:0

でした。

 

2009年

準優勝:笑い飯

3位:NON STYLE

 

笑い飯が3度目の準優勝。

連続して決勝に進出してるのですからすごいです。

3位が前年度チャンピオンのNON STYLE。

敗者復活戦から勝ち上がっての入賞です。

 

この年の笑い飯は「鳥人」のネタで日本中が笑いに包まれました。

審査委員長の島田紳助氏が100点をつけるほどの漫才でした。

誰もがこの勢いのまま優勝と思いましたが最終決戦の例の○ンポジのネタで冷えてしまいました…。

優勝はパンクブーブーでした。

最終決戦は7票満票でした。

 

2010年

準優勝:スリムクラブ

3位:パンクブーブー

 

このスリムクラブの準優勝も惜しかったです。

3位は前年優勝したパンクブーブー。

 

優勝は9年連続で決勝に進出してた笑い飯がようやく優勝しました。

最終決戦は

  • 笑い飯:4
  • スリムクラブ:3
  • パンクブーブー:0

でした。

 

この年を最後にМ-1は一旦休止します。

次に開催されたのは2015年です。

 

2015年

準優勝:銀シャリ

3位:ジャルジャル

 

2組とも休止前の2010年大会にも決勝に進出してた実力者です。

優勝はトレンディエンジェル。

最終決戦は

  • トレンディエンジェル:6
  • 銀シャリ:2
  • ジャルジャル:1

でした。

この年は審査員が9人でした。

 

2016年

準優勝:和牛

3位:スーパーマラドーナ

 

優勝は前年準優勝の銀シャリです。

最終決戦は

  • 銀シャリ:3
  • 和牛:1
  • スーパーマラドーナ:1

この年は審査員は5名でした。

 

2017年

準優勝:和牛

3位:ミキ

 

和牛が2年連続で準優勝。

優勝はとろサーモンでした。

最終決戦は

  • とろサーモン:4
  • 和牛:3
  • ミキ:0

 

2018年

準優勝:和牛

3位:ジャルジャル

 

何と和牛が3年連続の準優勝。

しかも前年の最終決戦で3対4で敗れたにもかかわらず、この年も1票差で敗退しました。

二年連続して3対4での負けは心にきますね。

 

2019年

準優勝:かまいたち

3位:ぺこぱ

 

キングオブコントのチャンピオンでもあった、かまいたち。

本命視された中、ファーストステージでも660点という高得点を取って優勝に向けて意気揚々という雰囲気でしたが、ミルクボーイの大きな波に飲み込まれてしまいました。

 

最終決戦は

  • ミルクボーイ:6
  • かまいたち:1
  • ぺこぱ:0

でした。

 

2020年

準優勝:おいでやすこが

3位:見取り図

 

ピン芸人同士が組んだユニットコンビである、おいでやすこがが大健闘の準優勝でした。

優勝はマヂカルラブリー。

漫才論争にまでなったネタでしたね。

最終決戦は

  • マヂカルラブリー:3
  • おいでやすこが:2
  • 見取り図:2

と僅差でした。

これだけの差で人生が変わるのですから怖いですね。

 

なお、同票だったおいでやすこがと見取り図の順位はファーストステージの点数の順位によります。

 

2021年

準優勝:オズワルド

3位:インディアンス

 

オズワルド、インディアンスともに3年連続3回目の出場コンビです。

これからМ-1を盛り上げてくれると思います。

 

優勝は錦鯉でした。

最終決戦は

  • 錦鯉:5
  • オズワルド:1
  • インディアンス:1

 

2022年

準優勝:さや香

3位:ロングコートダディ

 

優勝はウエストランドでした。

最終決戦は

  • ウエストランド:6
  • さや香:1
  • ロングコートダディ:0

でした。

 

一覧にします。

回数 開催年 準優勝コンビ名
第1回 2001 ハリガネロック
第2回 2002 フットボールアワー
第3回 2003 笑い飯
第4回 2004 南海キャンディーズ
第5回 2005 笑い飯
第6回 2006 フットボールアワー
第7回 2007 トータルテンボス
第8回 2008 オードリー
第9回 2009 笑い飯
第10回 2010 スリムクラブ
第11回 2015 銀シャリ
第12回 2016 和牛
第13回 2017 和牛
第14回 2018 和牛
第15回 2019 かまいたち
第16回 2020 おいでやすこが
第17回 2021 オズワルド
第18回 2022 さや香

 

和牛の3年連続が目立ちますねえ。

 

M-1グランプリの歴代視聴率

М-1グランプリの歴代の関東、関西別の平均視聴率です。

()内は平均個人視聴率。

年度 関東 関西
2001年 9.0% 21.6%
2002年 10.9% 17.5%
2003年 10.7% 20.6%
2004年 11.0% 18.0%
2005年 12.6% 22.4%
2006年 18.0% 31.1%
2007年 18.6% 30.4%
2008年 23.7% 35.0%
2009年 20.6% 30.3%
2010年 18.7% 23.4%
2015年 17.2% 21.4%
2016年 13.5% 23.8%
2017年 15.4% 24.0%
2018年 18.8% 28.2%
2019年 17.2% 26.7%
2020年 19.8% 29.6%
2021年 18.5% 28.8%
2022年 17.9%(12.1%) 30.1%(21.6%)

※2020年~2022年は午後7時からの視聴率。

午後6時34分からの26分間は

  • 2020年は関東13.7%、関西19.6%
  • 2021年は関東10.7%、関西16.3%
  • 2022年は関東11.5%、関西18.7%

でした。

 

西高東低なのは仕方ありませんね。

第1回は関東では9%と一桁でした。

そんな漫才大会が一時は関東でも20%を超えたりと現在では高視聴率ですね。

 

関西では当たり前のように20%超え。

好調なときは30%を超えるほどの人気番組となってます。

 

関西人はお笑いや漫才が大好きですからねえ。

 

2008年が歴代の最高視聴率となってます。

NON STYLEが優勝した年ですね。

 

近年では視聴率の計測方法も多様化しており、世帯視聴率だけではなく個人視聴率も重視されるようになったりと、過去の数字と単純比較が出来なくなってきています。

こういう背景もあり、過去の最高視聴率は抜けないのではないかと思います。

 

 

M-1グランプリの敗者復活戦の歴代勝ち上がりコンビ

準決勝で敗退したコンビによる敗者復活戦。

12月の屋外という激寒な環境での漫才をして決勝進出を目指します。

以前は神宮球場や大井競馬場で開催してましたが、近年では決勝が行われてるテレビ朝日の隣の六本木ヒルズアリーナで行われています。

開催年 コンビ名 参加組数
2001 開催なし
2002 スピードワゴン 45組
2003 アンタッチャブル 59組
2004 麒麟 53組
2005 千鳥 57組
2006 ライセンス 55組
2007 サンドウィッチマン 57組
2008 オードリー 58組
2009 NON STYLE 59組
2010 パンクブーブー 67組
2015 トレンディエンジェル 20組
2016 和牛 18組
2017 スーパーマラドーナ 20組
2018 ミキ 16組
2019 和牛 16組
2020 インディアンス 15組
2021 ハライチ 16組
2022 オズワルド 17組

 

以前は敗者復活戦の参加組数が多かったのですが、準々決勝が導入されて以降は準決勝そのものの進出組数が減少したので敗者復活戦の出場者も少なくなりました。

ここ数年は16組で行われています。

2020年が15組しかいないのは祇園が流行病に感染して出場を辞退したためです。

 

2022年は18組の予定でしたがコウテイが出場辞退となりまして17組になりました。

 

敗者復活戦の思い出といえば2007年のサンドウィッチマンですよね。

敗者復活からの優勝は感激しました。

 

M-1グランプリの司会の歴代担当者

М-1グランプリの歴代の司会をまとめました。(敬称略)

年度 司会
2001 島田紳助 赤坂泰彦 菊川怜
2002
西川きよし
山寺宏一 中山エミリ
2003 今田耕司 小池栄子
2004 今田耕司 井上和香
2005 小池栄子
2006 眞鍋かをり
2007 小池栄子
2008 上戸彩
2009
2010
2015
2016
2017
2018
2019
2020
2021
2022

 

今や今田耕司さんはМ-1の顔となってますね。

上戸彩さんも司会としての登場は10回を数えます。

 

意外だったのは眞鍋かをりさんです。

何回も司会されてたかと思ってましたが2006年の1回のみでした。

 

まとめ

М-1グランプリの準優勝コンビを中心にまとめました。

準優勝したメンツを見てると後に優勝したコンビが3組、その他でもハリガネロック以外は普通に有名になって売れてます。

 

優勝しなくても、М-1グランプリの決勝の舞台で最終決戦に残るだけでも大きなインパクトを残せて後の活躍に繋がるのでしょうね。

 

毎年の年末が楽しみです。

 

М-1グランプリの予選の審査員についての記事です。
↓↓
M-1グランプリの準決勝の審査員はあの人!決勝審査の候補と予想

テキストのコピーはできません。