本ページはプロモーションが含まれています

実家に帰りたくない?大学生の帰省がめんどくさい理由

大学生は連休や年末年始は親が帰って来いとうるさいですよね。

一人暮らしの大学生は実家に帰るのめんどくさいとぼやいてる人が結構多いイメージがあります。

 

なぜ大学生は帰省するのがめんどくさいと思うのでしょうか。

 

この記事では大学生が年末年始やお盆などに帰省するのがなぜめんどくさいのか解説します。

一言でいえば、友達と都会で遊んでるのが楽しいからですね。

 

帰省がめんどくさい大学生の理由

ゴールデンウイーク、夏休み、冬休み、春休み。

大学が長期休みになると帰省する人も多いのではないでしょうか。

 

ですが中には帰省が億劫だという人もいるかと思います。

帰省がめんどくさいと思う理由は一体何でしょうか。

 

次の2つに分類されます。

  • 帰省したらできないことがあるから
  • 帰省することの負担が大きいから

 

それぞれ解説します。

 

①帰省したらできないことがあるから

・大学の課題

人によっては休みの間に大学の課題があります。

分からないことがあれば大学の図書館や先生を頼れます。

 

しかし、帰省すると課題に取り組むことすら困難になる可能性があります。

地元の友達と遊んだり、家族旅行に行ったり、墓参りや法要、また実家の手伝いをさせられるなど色々と時間を取られます。

 

帰省したら様々なイベントがあって課題どころではないでしょう。

 

・アルバイト

在宅ワークのアルバイトでない限り、出勤しないといけませんよね。

帰省している期間はシフトに入れません。

帰省するとアルバイトはしばらく休まざるを得ません。

遊びに行ったり服を買ったり、学生はたくさんお金が必要です。

アルバイトを休んでまで帰省したくないと思う大学生もいます。

 

 

帰省したらできないことは他にもあります。

  • サークル活動
  • 大学やバイト先の友人との集まり
  • 家で一人で過ごす

こういった、「帰省するとできないこと」があるので大学生は帰省しないのです。

大学の課題よりもアルバイトや友人との時間が楽しいというのが本音かも知れませんね。

 

 

②帰省することの負担が大きいから

・移動が大変

遠方の方であれば新幹線や電車を乗り継ぎます。

もしくは車で高速道路を走ります。

 

それが往復もあるので大変ですよね。

 

おまけに帰省のシーズンと重なることも多く、混みあうのも予想されます。

ただでさえ長い距離なのにさらにへとへとになります。

 

移動だけでもひと苦労です。

これでは考えるだけで億劫になり帰省するのやめよかなと考えてしまいます。

 

・帰るお金がない

新幹線と電車は交通費だけで数万円がかかります。

高速道路でも交通費は発生します。

 

ただでさえ大変な移動なのにお金も高いとなると、帰省がめんどくさいと思うのは当然です。

 

 

他にも、帰省することの負担が大きい理由として以下の理由があります。

  • 親に会いたくない
  • 戻っても別にやることがない

 

帰省を苦痛に感じている大学生は少なからずいるんですよね。

 

大学生が帰省するメリットとは

では反対に、帰省することのメリットを考えてみましょう。

大学生が帰省するメリットは次の3つに集約されます。

  • 家事を親に任せられる
  • プレゼントをもらえる場合がある
  • 地元の友人に再会できる

 

それぞれ解説します。

 

①家事を親に任せられる

実家に帰るとありがたいことに、親がたくさん料理を作ってくれます。

 

タダでご飯を食べれるのは大きなメリットでしょう。

料理をふるまってもらえるのは非常に助かります。

 

おまけに洗濯や掃除もある程度は任せることができます。

 

今まで一人暮らしをしていた方にとって、自分の労力が減ることは非常にありがたいことです。

帰省してはじめて親のありがたみがわかる人も多いです。

 

②プレゼントをもらえる場合がある

帰省して久しぶりに顔を出すとプレゼントをもらえた、なんてこともあります。

  • 誕生日プレゼント
  • お年玉
  • お土産

親だけでなく親戚にも会うと余計にプレゼントをいただける人もいます。

 

③地元の友人に再会できる

地元を離れてみてはじめて地元の良さがわかります。

 

地元の安心感は偉大です。

帰る場所があることはとても幸せなことです。

 

地元の友人とも再会できるのもメリットです。

 

帰省のストレスを減らす方法

帰省の際のストレスを減らす方法があります。

何かというと、目的を決めておくことです。

  • 帰省せずに何をしたいのか
  • 帰省したら何をするのか、いつまでいるか

 

こういったことを事前に決めておくことです。

あらかじめ計画していればストレスは減ります。

 

やりたいこととすべきことの両方が満たせます。

心のバランスもとれます。

 

計画があるだけで激変します。

ぜひ試してみてください。

 

まとめ

今回は大学生の帰省について解説しました。

今回のポイントをおさらいします。

 

  • 大学生が帰省をめんどくさいと思う理由は、帰省したらできないことがあり、帰省することの負担が大きいからです。
  • 大学生が帰省するメリットは地元ならではの恩恵を受けられることです。

 

限られた大学生活を堪能したい気持ちは十分にわかります。

けれど、それと並行して親に顔を出して感謝するのも同じくらい大切なことです。

 

長期休みの際はぜひ計画を立ててお過ごしくださいませ。

 

テキストのコピーはできません。