ホワイトデーのお返しは何日までにする?プレゼントはいつまで買える?

バレンタインデーに女の子からプレゼントを貰ったらホワイトデーにお返しをするのが常です。

本来なら3月14日の当日にお返しのプレゼントを渡すのが一番良いのですが、会う予定が無かったり渡しそびれたりで渡せないこともあります。

呼び出してまで渡すほどの仲でもないのに、ホワイトデーに連絡してわざわざ呼び出すのも気が引けます。

 

ホワイトデーのお返しは何日までに渡すのがいいのかまとめました。

 

ホワイトデーのお返しは何日までに渡すべき?

バレンタインのお返しにホワイトデーにプレゼントを渡す。

3月14日に渡せなかった場合は次の日の15日に渡しましょう。

都合がつかなかった場合でも3日以内には渡したいものです。

「ちょっと遅くなったけど」という一言を添えて渡しましょう。

 

もし、ホワイトデー以降に渡せないと事前に分かってる場合は3月14日よりも前に渡しておきましょうね。

 

3日過ぎて今さら渡しても遅いかな~などともじもじして結局渡しそびれた!みたいなことにならないように早めに渡すことを心掛けておきましょう。

多少遅れても大丈夫ですので渡すようにしたいものです。

 

渡す時間帯は学校や会社であれば、相手が帰るときに渡すのがいいでしょう。

相手の忙しいときに渡すのはやめておきましょう。

 

ホワイトデーの商品が買えるのはいつまで?

ホワイトデーもバレンタインデーと同様に売り場のコーナーなどは14日で終了します。

つまり、ホワイトデーの商品が買えるのは3月14日のホワイトデー当日までです。

 

ホワイトデー用にラッピングされた商品などはホワイトデーが終わると買えません。

ホワイトデーのプレゼントは早めに準備しておきましょう。

また、3月14日直前ですとデパートの売り場などに行列が出来たりしますから、混雑する前に余裕を持って買いに行くのがおすすめです。

 

ホワイトデーのお返しの商品はどんなのがいい?

バレンタインデーに貰ったプレゼントのお返しは当然送る相手によって変わります。

 

彼女ならアクセサリーや相手の好みのものなど形に残るものが良いでしょう。

 

仕事上の付き合いなど、義理チョコ関係へのホワイトデーのお返しには消費できるものがおすすめです。

お菓子とかチョコレートとか気軽にイベントを楽しめるのが良いでしょう。

ただ、お菓子の種類によっては意味が込められているものもあります。

マカロンだと「特別な人」、キャンディだと「あなたのことが好き」などあります。

あまり意識しすぎるとどのプレゼント商品にも意味を考えてしまって贈れる商品が無くなってしまいます。

深く考えないで美味しいお菓子とか人気のものを贈るといいと思います。

 

お返しのプレゼントの相場はどれくらいがいいのでしょうか。

これはバレンタインデーに貰ったものと同じような値段のものが良いと思います。

高価すぎるものを送っても相手に気を遣わせてしまいますし、安すぎても自分の評価を下げてしまいます。

 

こういうバウムクーヘンとか美味しそうで喜ばれますよ。
↓↓

自分で食べてしまいそうになりますが。

 

まとめ

ホワイトデーのお返しのプレゼントは何日までに渡せばいいか解説しました。

基本は14日当日です。

遅くても3日までですね。

それより遅くなりそうな場合はホワイトデーより前に渡しておきましょう。