ハロウィンの色の組み合わせには深い意味がある!?色の由来を解説

最近では日本でも普通に行事として行われるハロウィン。

仮装や飾りなどはなぜかオレンジ、黒、紫の組み合わせが多いですよね。

ハロウィンは秋(10月31日)にあるイベントだから秋の雰囲気を感じさせる色が多いのかな?とも思いがちですが、そうではありません。

実は何気なくハロウィンに使われている色には一つ一つ意味があるのです。

ハロウィンの色のイメージ

やはりハロウィンの色といえば、オレンジや黒、紫などの組み合わせが思い浮かびますよね。

他にも白や赤、緑のイメージもあると思います。

でも、その中で特にオレンジのイメージが強いのではないのでしょうか?

  • オレンジはパンプキン(ジャックオーランタン)。
  • 黒は魔女やコウモリ、黒猫。
  • 紫は夜の光、魔法の色。
  • 白はお化けやガイコツ。
  • 赤は血や危険の色。
  • 緑は毒やゾンビなどの怪物の色。

などがイメージされます。

このようにハロウィンの色にはそれぞれイメージがあると思いますが、実はどの色にも意味があったのです。

 

ハロウィンの色に込められた意味とは?

そもそもハロウィンは古代ケルト人が起源とされる、秋の収穫を祝って死者の魂を鎮めるという収穫祭です

まずイメージが最も強いオレンジは「秋の収穫」や「太陽の光」を意味しており、パンプキンの色ではありません。

(ちなみにパンプキンはハロウィンを行う風習がアメリカに伝わってから広まったものです。)

 

黒は「魔女」や「死」などの意味があります。

ハロウィンは死者が舞い降りてくる日と信じられていました。

また、死者とともに悪霊も降りてくるとされてました。
悪霊が子供をさらってしまうということにならないように、こっちの方が怖いでしょ?ということをアピールするために魔女の仮装をするといわれています。

 

紫は「月明かりのある怪しい夜」が紫色に見えたからだそうです。

美しい夜空にも見えますが、その美しさの中にある怪しさが人の心を惑わすようです。

紫の美しさの中にある怪しさがハロウィンの色にピッタリだといえます。

 

白は宙をただようオバケや骨だけになったガイコツなどを表しています。

赤は魔女や悪霊の恐ろしさを表す血の色として取り入れられてます。

緑は欧米では毒や怪物、不気味なものを象徴する色とされています。

 

日本とは対照的なイメージですね。

日本では赤や緑は豊かな自然や癒しの色といわれてますよね。

 

このようにハロウィンの色には様々な意味があるのです。

 

主にイメージされるオレンジはパンプキンかと思いきや、秋の収穫をイメージしてるんですね。

オレンジの意味が本当に意外ですね。

パンプキンではなかったと驚きました。

黒が魔女っていうのは仮装をする人たちも多いのでなんとなくわかりますが。
悪霊を追い払うイメージとかありますよね。

 

まとめ

ハロウィンはただ仮装してどんちゃん騒ぎするパーティーだと今まで思ってました。
でも実際には秋の収穫を祝って死者の魂を鎮める収穫祭であっ、深い意味のある行事だったんですね。

ハロウィンに使われる色もなんとなくオレンジと黒の組み合わせが合うからでしょ?なんて軽く思ってました。

ハロウィンの色のイメージとして多くあげられるオレンジ、黒、紫をはじめ、白や赤や緑、それらの色にもちゃんと意味があったのですね。

 

しかし、使われる色の意味を知ることでより一層ハロウィンのイベントに興味が持てましたね。

ハロウィンの日が近づいてきたリビングや部屋にオレンジ、黒、紫をメインにしたハロウィンの装飾をしてみようかな~って思いました。

今年のハロウィンは色の組み合わせなども意識しながら楽しんでみてはいかがでしょうか。