昔の参考書、古い教科書をお得に処分する方法

引越の時の古雑誌・古本

引っ越しの際などはどうせ荷物になるので古い雑誌や古本を処分しますよね。

古新聞や古い本、雑誌の処分の仕方として主にあるのが古紙回収に出すというものですが、

週に一回であったり、地域によっては一か月に一回くらいしか古紙回収のトラックが走ってきてくれないというところもあります。

そんなのを待っていては処分が追いつきません。

そこで私がした方法として古紙回収屋さんに直接持ち込むという方法です。

「古紙回収 持ち込み」

などの検索語で検索してみるとお住まいの近くの古紙回収工場が見つかると思います。

業者によっては持ち込み OK なところもありますのでそこで処分してもらいましょう。

私の場合、古い雑誌など百冊くらい、段ボールなどを車に積んで何回かに分けて持っていきました。

持ち込んだ重量に応じて何とお金がもらえます。

何百円とかですが。

学生時代の教科書などは専門の業者へ

もう一つの方法として本を売るというのがあります。

本と言っても色んな分野がありますが、特に困るのが要らないけれど捨てるのも何かもったいないという専門書とか参考書の類ではないでしょうか。

私もね、押し入れに中学高校時代の教科書、参考書が何冊も置いたままになってましたわ。

買い取ってくれる所はあちこちにあるけれど、せっかくなら少しでも高く、お手軽に売れる所に売りたいものです。

そこでちょっと調べてみたら、教科書とかを専門に買い取ってくれる業者があるじゃないですか!

おすすめの業者さんを以下にいくつか紹介します。

 

学参プラザ

大学受験の参考書、問題集、赤本や、予備校テキスト・教材を買い取ってくれます。

中学受験・高校受験の参考書や問題集・赤本・塾テキスト・教材や、

難関中学・高校の教科書・ノート・プリントも買い取ってくれます。

他に大学で使った教科書なども買い取りしてくれます。

予備校テキストなんてブックオフとかでは買い取ってくれないですからここにお願いしてお小遣いの足しにしましょう。

10冊以上を送れば全国送料無料!

ダンボールの箱に何十冊も入れて送ります。

申し込み時に希望日時も設定できます。

送る際には宅配業者さんが家まで取りに来てくれますので重い箱を持って外に出る必要もありません。

「ダンボールの箱なんてないよ」という方には「学参プラザ」さんが無料で箱を送ってくれます。(その際は2、3日ほど時間がかかりますが。)

「教科書に書き込みしてあったり、ちょっと汚れてるから売れないよなあ」

という方もご心配なく。

書き込みがあっても買い取ってくれます。

1980・1990年代以前の古い年度の赤本・青本、「大学への数学」(こんなんありましたね~)などにも値を付けてくれます。

一応参考書だけど値がつくか分からんというものも一応入れておきましょう。

どれに価値があるなんて我々素人には分からないのですから。

もし値が付かない物であったとしても無料で処分してくれます。

私はこの「学参プラザ」で買い取ってもらいました。↓↓

専門書アカデミー

専門書・医学書・大学の教科書など専門性の高い分野の書籍や

洋書語学試験、資格・就職・公務員試験の参考書・問題集

を買い取ってくれます。

  • 医学書・歯科学・薬学・看護・リハビリテーションなどの医療系の教科書・専門書
  • 物理学・化学・生物学・数学などの理科系・理工系の教科書・専門書
  • 法律・経済・経営・ビジネスや心理学・思想・哲学・言語学などの人文・文科系の教科書・専門書
  • TOEIC・TOEFLや各種資格・就職試験の参考書や問題集

これらを専門的に扱ってます。

こちらも書き込みがあっても大丈夫です。

5冊以上であれば全国どこからでも送料無料です。

大学教科書・専門書・医学書 専門買取サイト「専門書アカデミー」

 

テキストポン

こちらは大学短大の教科書を専門に買い取りしておられます。

医学薬学の専門書もOK!

大学を卒業した新社会人の方は要らなくなった教科書を売ってみてはどうでしょう。

こちらは面倒な会員登録なしで申し込み出来ます。

 

テキストポンへの査定申込はコチラ

 

まとめ

漫画や小説なら近くの古本屋に持ち込めばその場で買い取ってくれますが、

教科書、それも古い昔のものになると買い取ってはくれません。

そういうものは専門に取り扱ってる業者に依頼するのが賢いと思います。

専門的にやってらっしゃるので高く買ってくれますし積極的に利用したいところです。

段ボールが無くてもプレゼントしてくれる業者もありますし、

そうでなくても近所のスーパーに行って「要らない安ボール箱ありませんか?」と尋ねれば何個か分けてくれます。

私たちがすることと言えば、

ホームページから申し込みをして、教科書を詰めて宅配便が荷物を取りに来るのを家で待つだけです。

手軽に出来ますので検討してみては如何でしょうか。

 

コメント