神輿に渡すお金の相場はいくら?お花代やご祝儀の包み方と渡し方
本ページはプロモーションが含まれています

神輿に渡すお金の相場はいくら?お花代やご祝儀の包み方と渡し方

お祭りで神輿の渡御に参加する際には、お花代を渡す習慣があります。

しかし、神輿のお花代はいくらくらいが相場なのか分からないですよね。

包み方や渡し方などどのようにすればよいのか、よくわからないという方も多いのではないでしょうか。

 

そこで、今回は神輿に渡すお金の相場はいくらくらいなのか、お花代やご祝儀の包み方、渡し方まで詳しく解説します。

神輿のお花代の相場は?

神輿のお花代の相場は、一般的には1,000円~3,000円程度が相場です。

地域によって相場が異なるため、事前に確認しておくと安心です。

 

地域で商売をされている方ではお花代を5,000円以上渡すこともあるようです。

また、町内会の役員をされている方も少し多めに5,000円渡したりします。

 

 

神輿のお花代の表書きと包み方

神輿のお花代の表書きは、「御花代」や「ご祝儀」などと書きます。

表書きの下に、自分の名前を記入しましょう。

 

ご祝儀袋への名前の書き方についてはこちらの記事にまとめてあります。

名前を書く理由についても解説しています。

参考にしてください。
↓↓
ご祝儀袋は自分の名前書かないでOK?名前なしがダメな理由

 

神輿のお花代の包み方は、一般的なご祝儀袋で問題ありません。

水引は、紅白の蝶結びを選びましょう。

水引が印刷されてるタイプの安いもので大丈夫ですよ。

 

神輿のお花代の渡し方は色々ありますが、直接渡す場合は、担ぎ手のリーダーに渡しましょう。

 

お花代の封筒の書き方についてはこちらの記事に詳しくまとめてあります。

町内会のお祭りや盆踊りで渡すお花代の金額の相場についても記述してますので参考にしてください。
↓↓
町内会のお祭りや盆踊りのお花代のお金はいくら?封筒の表書きの書き方は?

 

神輿のお花代とは?

お花代はご祝儀とも呼ばれます。

つまりお祝い金です。

 

また、祭りの主役である神輿に対して、参加者や見物人が気持ちを込めて寄付するお金のことです。

町内会のお祭りで渡すお金も花代と呼んだりしますが、意味合いは同じです。

お祭りの運営費などを賄うために集められるものです。

 

つまりはご祝儀であり寄付金であるということです。

 

お祭りのときに来てくれる獅子舞に渡すご祝儀についてはこちらの記事にまとめてあります。

チェックしてみてください。
↓↓
獅子舞のお布施やご祝儀はいくら払う?頭を嚙む意味も解説

 

まとめ

神輿のお花代についてまとめました。

そんなに大金を包まなくてもよく、子供のお年玉程度で構いません。

 

お祭りの運営をしてくれてる人や神輿を担ぐ人々への感謝の気持ちを表す大切なものです。

テキストのコピーはできません。