喪中はがきの文例!妻の祖父祖母の場合の書き方を解説

身内に不幸があった場合は喪中はがきを出します。

亡くなったのが自分の両親であったり、祖父母であった場合は喪中はがきを出すのは分かるのですが、亡くなったのが妻の祖父母だった場合は出した方が良いのか出さなくても良いのか悩むところですよね。

 

先に結論を言いますと、出しても良いし出さなくても良いです。

妻の祖父母に不幸があった場合、どういう時に喪中はがきを出して、どういう時に出さなくて良いのかまとめました。

また、書き方についても解説します。

そもそも妻の祖父が亡くなった場合は喪中はがきを出す?

そもそも妻の祖父母が亡くなった場合は喪中はがきを出す必要があるのでしょうか。

一般的には父母や子どもなどの一親等が亡くなった場合は喪中はがきを出します。

しかし二親等であれば必ず出さなければいけないというものでもありません。

祖父母は二親等にあたります。

妻の祖父母であっても同じように二親等になります。

同居している祖父母であれば喪中はがきは出した方がいいでしょう。

 

一般的には同居していない二親等であれば喪中はがきを出す必要はありません。

 

ただし、妻の祖父母であっても近しい間柄だったから喪に服したい気持ちが大きい、と言うのであれば喪中はがきを出すのは全く問題ありません。

生前非常にお世話になったとか、妻が小さい頃からすごく可愛がってもらっていたとかの場合ですね。

この辺りは個人の気持ちを優先して考えるといいでしょう。

要は、自分が喪に服したいかどうかです。

また、地域によっては妻の祖父母が亡くなった場合に喪中はがきを出す風習があるというところもあります。

そのような地域性も考慮して決められたらよろしいかと思います。

喪中はがきは妻の祖父母の場合はどの知り合いまで送る?

妻のおじいちゃんおばあちゃんとなると夫とはあまり縁がない場合もあります。

あまり縁が深くない人のために喪に服すと夫の会社関係や友人関係に年賀状を出せないことになってしまいます。

この場合、妻の方も喪中にするつもりがないのであれば喪中はがきは全く出す必要はありません。

しかし、夫には縁が薄くても妻が実の祖父母を亡くして喪に服したいということであれば、やはり喪中はがきは出したいところです。

 

こういう場合は友人や妻側の親戚関係にのみ喪中はがきを出すという方法があります。

親戚や妻の個人的な付き合いには喪中として喪中はがきを出し、夫の仕事関係には喪中にしないで年賀状出すという方法です。

一番柔軟な方法ですね。

現代ではこういう形を取る方が多いです。

 

とは言っても個人的には、妻の大事に思ってる人の不幸であれば共に喪に服したらいいのにな~とは思いますね。

これこそ気持ちの問題ですね。

 

喪中はがきを夫婦連名で出すとき妻の祖父母はどう書く?

夫婦共に縁が深く喪に服したい場合は、夫婦連名で喪中はがきを差し出すのが良いです。

その場合、たとえば妻のおばあちゃんが亡くなった場合は続柄はどう書くべきなのでしょうか。

夫からすれば義理の祖母ですから「義祖母」ということになります。

しかし、妻にとっては実の祖母ですから自分も差出人である喪中はがきで「義祖母」と表記されるのが何か嫌に感じる場合もあります。

 

その場合は「義祖母」ではなく単に「祖母」でも構いませんし、「妻○○の祖父/祖母△△」とすれば問題ないです。

フルネームで書くと亡くなった方がどちら側の親族か分かりやすくて良いと思います。

 

喪中はがきの文例・妻の祖父母

 

妻の祖父・祖母が亡くなった場合の喪中はがきの文例を紹介します。

喪中のため年末年始のご挨拶を控えさせていただきます
○月に妻○○の祖母△△が七十五歳にて他界しました
長年にわたるご厚情に改めて心より御礼申し上げます
明年も変わらぬご交誼のほどお願い申し上げます

令和〇年〇月

 
喪中はがきの構成としては
  1. 喪中のお知らせや年賀欠礼の挨拶。
  2. 他界した日付、年齢、続柄、名前。
  3. お世話になったことに対するお礼の言葉。
  4. 結びの挨拶や相手への気遣いなど。
  5. 喪中はがきを出した日付。

となります。

まとめ

妻の祖父母が他界した場合の喪中はがきの扱いについて解説しました。

喪中はがきを出すか出さないかは、結局は気持ちです。

どういう出し方をするかはどちらか一方が勝手に決めたりしないで、夫婦でよく話し合って決めるようにしましょう。