本ページはプロモーションが含まれています

浴衣に足袋はおかしい?組み合せが変に見えないコーデやマナーを解説

浴衣で夏祭りって夏の楽しみの一つですよね。

浴衣には素足に下駄というイメージがありますが、たまに足袋を履いてる人も見かけます。

足袋といえば着物の時にだけ履くものとも思いますが実際のところどうなんでしょうか。

 

そもそも浴衣はカジュアルな服装という位置づけなので、着物のように厳格なマナーが決まっているわけではないのです。

ということで、浴衣に足袋を合わせても問題ありません。

 

けど浴衣に足袋を合わせるのはおかしい?と思われるかもしれません。

「浴衣姿には素足じゃないと。」って思いますよね。

 

しかし、先ほど言ったように浴衣には厳格な決まりはないので、足袋と合わせておしゃれなコーデができますよ。

ここでは浴衣に足袋を合わせる時のマナーやコーデを紹介します。

浴衣に足袋を合わせる時のマナー

浴衣に関しては特に決められたマナーなどはありません。

しかし、人の家に上がったりお店などで履き物を脱ぐ予定がある場合は足袋を履きましょう。

浴衣にかかわらず、履き物を脱いで上がる時は靴下を履いておくのがマナーです

足袋を履かないで素足で上がると、足についた汚れなどで床や畳を汚してしまい訪問先に嫌がれてしまうこともあります。

訪問先のことも考えると足袋は履く方がいいですね。

浴衣に足袋を合わせる履き物は草履でも下駄でもどちらを履いても問題はありません。

TPOに合わせて履き物を決めましょう。

 

下駄と草履では草履の方がフォーマル寄りの着こなしとなります。

フォーマルな草履に足袋の組み合わせは上品な印象になりおすすめです。

 

また、コンサートなどあまり音を立てたくない時にも草履を履くのがいいでしょう。

下駄を履くとどうしても歩くたびに音が鳴ってしまいますから。

お祭りや花火大会など人が多く賑わっているところでは下駄の音は気になりませんが。

足袋を履いても素足のままでも問題はありませんが、マナーを考えると足袋を履く方が安心感がありますね。

こうして見てみると、浴衣に足袋を合わせることは全然おかしいことではないですね。

浴衣に足袋を合わせるおしゃれコーデ

浴衣に足袋を合わせる場合は、浴衣の色や柄、浴衣を着るシーンに合わせてコーデをしてみましょう。

足袋を合わせることでカジュアル感のある浴衣が上品な着こなしに変わる効果もあります。

浴衣にも数多くの色や柄があるように、足袋にも色々な種類があります。

 

例えば、レース足袋白足袋色足袋柄足袋などです。

  • レース足袋は、足元を涼しく上品に見せます。
  • 白足袋は、茶道などかっちりとした場に履く足袋です。
    足袋のイメージが一番強いのではないのでしょうか。
  • 色足袋は、目立つ柄の浴衣でもシンプルにワンポイントとして取り入れることができます。
    シンプルな浴衣にも合います。
  • 柄足袋は、シンプルな浴衣を着る時に履きます。
    柄が目立つ浴衣に合わせると、せっかくの柄が目立たなくなります。

 

足袋にはこのような種類があったんですね。

浴衣を着る時は常に素足でしたから、足袋を履いてみるのもいいなと思いました。

足袋を履くことで個性的になり、ひときわ目立ちます。

素足の場合だと靴擦れを起こしてしまうことも多々ありますが、足袋を履くことで靴擦れ防止にもなりますね。

足袋は白色のしかないと思っていたけど、柄ものやレースのとか色んな種類があってより

一層オシャレが楽しめそうですね!

それに足袋を履くと上品な印象になるので浴衣にも足袋を取り入れたくなりますね。

ぜひ浴衣に足袋を合わせてオシャレも楽しんでみてくださいね。

まとめ

浴衣に足袋を合わせることは全く問題ありません。

浴衣に足袋を合わせる時は、浴衣の色や柄、浴衣を着るシーンに合わせてコーデをするといいですね。

足袋を選ぶ時はそれぞれ浴衣に合ったものを選ぶとオシャレになります。

浴衣は様々なコーデが楽しめますね。

 

テキストのコピーはできません。