柊を魔除けに置くのはどの方角?鬼門の良い植物も紹介

日本では昔から、魔除けのために樹木を植える習慣があります。

古くからある家の庭に、はたくさんの樹木が植えられていますよね!

その中でも、柊は多くの方になじみがある樹木だと思います。

柊はトゲトゲした葉が特徴的で、昔から魔除けの効果があるとされてきました。

今回は柊を家に置くときのおすすめの方角や、他の魔除けの樹木などについて紹介します!

柊を魔除けに置くべき方角や場所ってどこ?

最初に、柊を魔除けとして植えたら良い方角を紹介します。

魔除けや厄除けとして植えるなら、北東の方角がおすすめです。

この時、鉢植えでも効果は変わりません。

地植え出来なくても大丈夫ですよ!

 

なぜ北東が良いかと言いますと、家の中から見て北東になる方角は鬼門といわれてるからです。

鬼(邪気・厄)、悪い気などが入ってくる場所という意味です。

北東の他には南西や玄関におくのもおすすめです。

南西は北東の反対側の方角で裏鬼門と呼ばれています。

裏鬼門も鬼門と同じで鬼が入ってくる場所といわれています。

 

また、玄関も人が出入りする場所ですよね。

良いものや悪いもの、様々なものが出入りするという意味では、玄関に柊を置いておくのも厄除けの効果があります。

柊が魔除けになるのはなぜ?その由来を解説

では、柊が魔除けになるのはなぜでしょうか?

それは柊の葉っぱの特徴に関係しています。

柊の葉っぱは、ギザギザした形をしているので先端を触るとチクッとします。

素手で触ると思わず声をあげてしまうほどの痛さがあります。

このような特徴から、魔除けや厄除け効果があると言われてきました。

節分のときに、柊とイワシを玄関に飾るというお話を聞いたことがありませんか?

鬼はとがったものが嫌いなため、鬼が入ってこないように柊を飾るんですね。

 

また、焼いたイワシはこれまた強い匂いがしますよね。

この強烈な匂いも鬼は苦手としています。

ですので、柊とイワシは鬼除けに最適なアイテムとなっています。

柊のほかにもある魔除けに使われる植物

柊のほかにも、魔除けに使われている植物がいくつかありますので紹介します。

南天

晩秋から初冬にかけて、丸くて赤い実をつける樹木です。

「ナンテン=難転」として難を転じ、幸せをもたらす縁起木として大切にされています。

名前は語呂合わせが由来となってますね。

江戸時代ころから、火災除けや魔除けとして植えられています。

また、縁起物として、おめでたいお正月にも欠かせない植物です。

お飾りにも使われていますよね♪

 

南天は家相学から見て、悪運が入ってきやすい方角に植えると良いとされています。

そういう場所は悪い気がたまりやすいので、南天を植えて浄化させます。

加えて、良い気に変えるというという意味がこめられています。

 

私のおじいちゃんの家にも、南天が植えられています。

悪い気が入ってくる方角に植えられてるのかは分からないですが、家に入るための敷地のすぐ入り口に植えてあります。

人が出入りする場所に厄除けなどの意味を込めて、植えているのかもしれません。

 

山椒の木

山椒はとても強い香りがしますよね。

先ほどもお話しましたが、鬼や悪い運気は強い匂いを苦手とすると言われています。

なので、山椒の葉の香りが魔除けとされています。

庭に植えることができなくても、玄関に山椒の葉をつるしておくだけでも効果があるみたいです。

 

柏の木

柏の木には樹木を守る神様が宿るとされています。

他の魔除けの樹木と一緒に植えることで、魔除けの樹木の効果が強くなるとされています。

そして、いつまでも家を守ってくれると考えられています。

 

また、海外では植物には精霊や妖精が宿ると考えられています。

日本以上に魔除けの樹木が多く存在しています。

日本にもなじみがある木がたくさんあるので、少し紹介してみたいと思います。

 

オリーブの木

オリーブの木は、ヨーロッパで特に魔除けの樹木として大切にされています。

玄関にオリーブの木の小枝を飾ると、そこから入ってこようとしている、悪いエネルギーを追い払う効果があるとされています。

 

私の家にもオリーブの木があります。

厄除け効果があることは知らなくて、何となく置いてただけですが笑

オリーブの木は「幸運をもたらす木」と言われているのことは聞いたことがあるので、魔除けにも使われてることにすごく納得がいきました!

苗木を買ったので、小さくてお家の中に置いています。

これを機に玄関に移動してみようかなと思いました♪

 

月桂樹

海外で魔除けとされている樹木の中でもとても有名です。

日本でもなじみがありますよね。

樹木自体が魔を退けると信じられています。

また、月桂樹の葉には殺菌効果があります。

そういうところから、燃やすとその煙がさまざまな悪い気やエネルギーを浄化するという考えがあります。

まとめ

今回は柊を魔除けとして置く方角や、魔除け効果がある樹木などについて紹介しました。

柊を家に置く方角は北東や南西がおすすめです。

また、玄関に置くのも悪い気を退ける効果があるとされています。

この3つの場所で置きやすい場所に置いてみて下さいね。

柊の他にも、魔除け効果がある樹木はたくさんあります。

込められた意味なども少しずつ違います。

鉢植えでも大丈夫なので、ぜひ、好みの樹木を置いてみて下さい!