本ページはプロモーションが含まれています

防災頭巾は意味ない?ヘルメットより良いの?卒業後の活用法も紹介!

みんな使っていた防災頭巾。

災害はいつ起こるか分かりませんから、ほとんどの小学校で防災頭巾は用意されてると思います。

クッションとして敷いたりしてませんでした?
懐かしいです。

 

一度は考えたことはあるんではないでしょうか?

「防災頭巾って本当に意味があるのかな?」

「固くないのに頭守ることできるの?」

「災害時に本当に子供の命守れるの?」

「ヘルメットの方がいいんじゃないの?」

そんな意見は多いです。

 

 

結論から言いますと、地震の時に大事な頭を守るのに最適なのはヘルメットです。

頭を守るには防災頭巾は適していません。

 

じゃあ何で防災頭巾を使ってるのか?

それぞれのメリット・デメリットと、役目を終えた防災頭巾有効な再利用の仕方を紹介していきます!

防災頭巾とヘルメットはどっちが効果的?

冒頭でもお伝えしましたが、落下物などから頭を守るのに最適なのはヘルメットです。

しかし、防災頭巾の良さもありますのでここでは防災頭巾とヘルメットそれぞれのメリットとデメリットを比較していきます。

 

まずヘルメットのメリットとデメリットをご紹介します。

【メリット】

  • 衝撃に強い。
  • 種類によっては感電耐性、耐熱耐性が備わってるものもある。

【デメリット】

  • 防災頭巾と違いかさばってしまうため、保存場所に困る。
  • 保管時に割れてしまう可能性もあるため、定期的に確認が必要。

頑丈で頭を守ってはくれるけど、普段はどこに置いておくのかって問題があるのがヘルメットですね。

 

つづいて、防災頭巾についてです。

 

先ほどもお伝えしたとおり、防災頭巾は布であるため、落下物に対する衝撃には弱いです。

ですが、全く予防にならないわけではないので覚えておいてください。

 

そもそも防災頭巾とは、災害発生時に頭部を守る簡易的な防具とされています。

火災にも対応ができるように、難燃繊維で作られている製品も多くあります

落下物には弱い防災頭巾ではありますが、防災頭巾で隠れる部分、「頭・髪・肩」などを火から守ることができます

無防備よりは防災頭巾をかぶった方が、やけどからは守れますね。

 

今の防災頭巾はただの布ではなく、ちゃんと燃えにくい素材で作られてるんですね。

火事からの避難の場合などには役に立ちそうです。

 

【メリット】

  • かさばらないため、すぐにかぶれる場所においておける。
  • 隠れる部分が多いので、やけどからは守れる。
  • 劣化しづらい。

【デメリット】

  • 耐久性はないため、地震には適していない。

 

地震の場合はヘルメットに分がありますが、ヘルメットだけが良い点があるわけではないことがわかりましたね。

防災頭巾はクッションにしか使えないわけではないこと、おわかりいだだけましたか?

防災頭巾は捨てる?卒業式後の活用法ご紹介します!

小学校で使っていた防災頭巾。

子供が卒業して持って帰って来たはいいが、どうやって捨てようかな…と悩んでいませんか?

捨てるのは待ってください!

 

防災頭巾は耐火性の素材を使っていているので、丈夫な作りなんですよ!

保育園や幼稚園の防災頭巾、小さい作りのため、何にも使えないと捨ててしまう方が多いかも知れません。

でもクッションカバーを付け直せば、家でも使える可愛いクッションになりますよ。

 

子供は地べたに座って、おもちゃで遊んだりしますよね?

そんな時にお尻が痛くならないよう敷いてあげて下さい。

座り心地は良いはずです。

 

また、家で急な震災にあった場合、机が小さく下に隠れることができないってときにも頭を守ることもできますよ!

家でもクッションとして使いながら、災害時にも使えるなんて、素晴らしいリメイク方法ではありませんか?

クッションカバーは可愛いものも多く販売してますし、防災頭巾を再利用していることもバレないはずです。

捨てないで、再利用しましょう!

まとめ

意味がないのでは?と思っていた防災頭巾でしたが、実用性があったんだ!と思われたんじゃないでしょうか?

耐久性はヘルメットと比べれば、劣ってはしまいますが、ヘルメットと違ってメリットもたくさんありましたね。

また使わなくなった防災頭巾も再利用できるなんて、素晴らしい!

私は何も考えずに捨ててしまってました。

リメイク方法があることがわかると、本当にもったいないと感じます。

再利用して、実用的に使いましょう!

テキストのコピーはできません。