教育実習のお礼状の例文と書き方を校長に宛てて紹介

教育実習が終わったいま、ちょっと気になるのが先生方へのお礼状のことですよね。

教育実習では、校長先生や指導教官の先生などたくさんの先生方のお世話になります。

お世話になった方に対してお礼状を書くのは当たり前のことです。

ここでは、校長先生への教育実習のお礼状の例文や書き方のポイントについて解説していきます。

担任の先生宛てのお礼状の書き方や例文はこちらにまとめてあります。
↓↓
教育実習のお礼状の担任宛ての例文と書き方を紹介

校長先生宛ての教育実習のお礼状の例文

早速ですが、教育実習のお礼状の例文を紹介します。

校長先生に宛てたお礼状です。

 

拝啓

初夏の候、先生方におかれましては、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。

さて、この度は教育実習という大変貴重な時間と場をいただきましたこと、心より御礼申し上げます。
母校に戻りかけがえのない経験をさせていただいたことは、卒業生として感慨深く様々な思い出がよぎりました。
諸先生方の生徒への想いは、自分が中学生だった頃に感じたこととはまた違ったように感じました。

多感な中学生への先生方の想いを感じるとともに、教師の仕事を身近で体験ができた学びの多い教育実習でした。
改めて先生方の深い愛情を感じることができた三週間でした。

また放課後などには、生徒からの悩み相談など生身の生徒と接することができました。
私もその生徒のために本気で悩み考えた体験が、より先生方の日々の思いと苦労を感じることに繋がったと思います。

研究授業で至らない点が多々あったときには、いくつもの助言の言葉を頂き自分自身の未熟さを痛感いたしました。

○○中学での実習は私にとって教師になりたい気持ちを高めるに十分なものでした。

今後はご指導いただいた校長先生や多くの先生方のご厚意や教訓を活かし、採用試験に向けて合格を目指して頑張ろうと思います。

皆様のご健康と、〇〇中学校の更なるご発展をお祈り申し上げます。

敬具

令和〇年〇月〇日
△△大学実習生
○○ ○○

○○中学校校長
○○先生

 

文例を参考に所々自分に合わせて使ってみてください。

以下に書き方のポイントを説明していきます。

校長先生宛ての教育実習のお礼状の書き方

教育実習のお礼状の書き方のポイントを解説していきます。

お礼状の構成は以下のように書けば良いでしょう。

  1. 拝啓
  2. 時候の挨拶
  3. 実習中お世話になった感謝の気持ち
  4. 教育実習を通して学んだことや感じたこと
  5. 教員採用試験や今後の人生に向けての抱負
  6. 結び
  7. 敬具
  8. 日付
  9. 大学名・氏名
  10. 宛名(○○学校 校長 ○○先生)

 

拝啓・敬具

語頭、結語を書きます。

「拝啓」なら「敬具」です。

 

時候の挨拶

「初夏の候、先生方におかれましては、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます」
「梅雨明けが待ち遠しい毎日ですが、〇〇中学校の皆様にはいかがお過ごしでしょうか」

など、普段の手紙でも交わされる時候の挨拶を書きます。

こんな文章を書いたことなどないと思います。

定型文みたいなものですので、時期や自分の気持ちに合ったものをコピペで良いです。

コピペと言っても手書きしなければなりませんが。

 

こういう文章を書くと大人になったなあと実感しますよね。

 

実習中お世話になった感謝の気持ち

教育実習という場を与えてもらったことへのお礼を述べます。

「この度は、教育実習という有難い場を与えていただきましたこと、心より御礼申し上げます」

という感じです。

 

教育実習を通して学んだことや感じたこと

今回の教育実習での学びや感想を述べます。

エピソードを交えて具体的に書きましょう。

「実習期間中は校長先生の素晴らしいご指導のもと、多くのことを学ばせていただきました。特に思い出深いのは~」
「短い期間ではありましたが、他では得ることのできない貴重な週間を過ごすことができました」

 

教員採用試験や今後の人生に向けての抱負

自身の今後のことも伝えます。

「教師になりたいという願望が益々強くなりました。今後は教員採用試験に向けて勉強に励みたいと思います」

 

結び

先生方や学校の発展を祈念して文を締めます。

「皆様のご健康と、〇〇中学校の更なるご発展をお祈り申し上げます」
「皆様方のご健勝と今後のご発展を心よりお祈り申し上げます」

氏名・宛名

最後に自分の大学名と名前、そして校長先生の学校と宛名を書きます。

 

教育実習のお礼状を出すときのマナー

お礼状は縦書きで書くのが良いです。

加えて手書きが求められます。

学校というところは古臭く、頭の固い人が多いので目上の人へのお礼状となると格式にこだわる方が多いです。

言葉遣いも丁寧にすることを心がけましょう。

先ほども触れましたが語頭や結語の「拝啓」「敬具」なども必要です。

校長先生宛てなら「謹啓」「謹言」でもいいかも知れません。

 

封筒

封筒は白い無地のもので送りましょう。

茶封筒にはビジネスや事務用のイメージがあり、安っぽく見えるからです。

 

また、封筒のサイズは長形4号のものがおすすめです。

便箋などもチャラチャラしたものではなく、無地で大人なものを選びましょう。

 

お礼状を送るタイミング

お礼状を送るタイミングは、教育実習が終了してから一週間以内を目途に送るのが一般的です。

早い方が印象は良いのでなるべく早く出すと良いです。

 

もし、送りそびれて2週間以上も経っていたとしても送るようにしましょう。

これから社会人として生きていくのですから、礼を失することは避けましょうね。

遅れた場合は、遅れたことのお詫びの文章も加えておきましょう。

まとめ

教育実習のお礼状の書き方についてお伝えしました。

格式ばって難しいと感じるかもしれません。

でも、一番大事なのは気持ちです。

感謝の気持ちを持ち心からの思いを書けば、多少文章がおかしくても快く受け入れてもらえると思いますよ。